読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

適当にスペイン生活

スペインでの日常を気長に書いていくブログ

カタツムリを食べる。ご対面編その2

前回はカタツムリが運ばれてくるところまで書いた続きです。

 

 

spain.hatenadiary.jp

 

ついにカタツムリを食するときが・・・

 

人生でカタツムリ・・・いやこれから食べるからエスカルゴと呼ぼう・・・・

エスカルゴを食べたのはサイゼリアで食べたのが最初で最後だと思っていた。

 

しかもサイゼリアのやつはなんかたこ焼き器みたいなのに殻なしで乗っかってるだけ。

 

一方前線にあるエスカルゴ軍、お家付・・・

エグイ・・・・グロイ・・・・

 

とりあえず友人が先陣を切ることに。言い出しっぺだし

f:id:ryo1192:20170212113857j:plain

 

なんか貝みたい!とか言ってる・・・・

なんだこいつ。なんで笑顔なの?

 

 

まぁ私も食してみなければ始まらないが、この今までゲテモノを避けてきた私の生理現象的な何かがとてつもない警告アラームを放っている。。。。

 

鳥肌が立ちながらも、友人にせかされとりあえず、爪楊枝でひねり出してみる・・・・

f:id:ryo1192:20170212113809j:plain

(恐怖で若干ぶれているのはご勘弁を・・・)

 

 

うわぁああああああああああああぁぁぁぁぁああ

めっちゃこっち見てる!!!!!!!

f:id:ryo1192:20170212114305j:plain

(画像はイメージです)

 

エグイ・・・エグすぎる・・・

 

とりあえず何度もためらいながら口にほおばってみると、

あれ?貝みたいな味がする!!!

f:id:ryo1192:20170212114227p:plain

貝のコリコリ感。そして、後から来る若干の苦み

これは貝そのものやないか!!いける!いけるぞ!!

 

と次の貝に手を伸ばしたんですが、

やっぱりこっちめっちゃ見てる・・・・グロイ

貝と違ってこっちは顔あるやん・・・

しかも皿の中で一番でかいの取っちゃったよ・・・

 

まぁ頑張って引っ張り出したんですが、やはりキモイ。

これをわかりやすく表現すると、

エイリアンの産卵シーンでヌメヌメの成体のエイリアンがぬるっと出てくる感じに似ている・・・

まぁ一、二個ならいいのですが、写真を見ていただくとわかるように大量に盛られているんですよね・・・・

 

 

はい、結果頑張って全部食べました。

一生分のカタツムリ食べました。

パンに乗せて食べました

f:id:ryo1192:20170212113741j:plain

 

これもスペインの食文化や!!って納得しいい経験したわと友人と話していたんですが、

後日いろんなスペイン人の友人・先生にカタツムリ食べたよ!!って報告したら

報告した全員がカタツムリ食べたことがないという事実・・!!?

さらにクラスのフランス人の女の子も食べたことがないと・・・

 

え?なにそれw

なんの経験だったんでしょうか。

ただ単にカタツムリが私の血となり肉となったっていうだけの体験でした。

 

ぜひチャンスがあればカタツムリ、いえエスカルゴを食べてみてはいかがでしょうか♪

バーでカタツムリ先生を食べてみた

こんにちは!

 

※閲覧注意

 

先日お気に入りのバーで友達と食事をしていたんですが、休日の午前中ということもあってバーには食事(タパス)がほとんどなく定番のトルティーヤチュロスしかなかったので、コーヒーとトルティーヤをいただいていたところ

ちょうど料理を出し始めた時だったみたいで、いくつか大皿がカウンターに運ばれてきました。

 

あーなんか頼んで、食べようかーとのほほんと友達と話していたところ

 

あれ、なにあれ・・・・

よく見ると

カタツムリ先生の山!!

f:id:ryo1192:20170212111419j:plain

 

あぁあれは食べたくないなぁと思っていたところ

 

 

 

まさかの友達の一言!

 

 

 

 

 

 

カタツムリを食べよう!!

f:id:ryo1192:20170212110522j:plain

 

 

 

え??はい??

 

 

 

カタツムリを食べよう!

f:id:ryo1192:20170212110514j:plain

 

 

はい??

まさかの好奇心に恐れいります。

 

そんな会話をしているとスペイン人に交じってアジア人2人が目立つのも当たり前

気を利かせた店員が

 

食べるかい??ちょっと食べてみてうまかったら注文してよ!!無料でいいよ!!

 

 

おー優しい♪

男前!!!!

 

 

じゃないよ!(笑)いやいや有難迷惑だわ!!

 

そんなこんなで一皿に軽く盛られたカタツムリ先生たちとご対面。

デミグラスソースのようなケッチャプベースかな?衝撃過ぎて覚えてません・・・

に絡められたカタツムリたち。

調理される前は公園のコンクリを食べてたのかと思うと考え深いです。

まさか、この後サルサに絡められるとは思ってもいなかったろうに。

 

運ばれてきたけど、まずどうやって食べるのよ・・・って感じでしたけど

店員が上手にレクチャーしてくれました。

まず爪楊枝でぶっ刺し、ひねり出して、食べる!!それだけ。

うん!!シンプル!!

 

と思ったのもつかのま。

この後地獄を見る羽目に・・・

その二に続く

 

spain.hatenadiary.jp

 

マリファナとスペイン。NO薬物ゼッタイ!!

こんにちは

 

ちょっと過激な記事を書いてみようかと思いますが、決して大麻マリファナを推奨するわけでも、肯定するために書くわけではありませんので、ご了承ください。

むしろ私は大麻マリファナを軽蔑していますので、気を悪くなさらずにお願いします。

 

それなのになぜこの記事を書こうかと思ったかというと、スペインに遊びに来た友人が大麻マリファナ目的で遊びに来たので、まぁ一つの面白い経験として残しておこうと思ったからです。

 

日本では重く罰せられるマリファナ

まず、マリファナはスペインでは違法か合法かというところからだと思うんですが、

まぁ若干グレーなゾーンであることには間違いないです。

一応所持・使用には合法ではあるもののマリファナの購入が禁止されているみたいです。その辺の詳しいことは各自調べてみてください。

 

実際、家で友達たちと飲んだりするときにスペイン人の女の子が大量の大麻マリファナを持ち込んでたばこのように包んで吸っていました。

そんなのは彼らにとっては日常茶飯事ですし、簡単に入手できてしまうのも事実。

よく話すのが、質問して飲むゲームの中で、

今までマリファナ吸ったことある人ー??

みたいな質問が友達の中で出るのが当たり前なぐらいマリファナはスペインでは一般化しています。

 

そこで、どうやって彼らは手に入れているのかというと

手に入れるには売人から買ったり、スペインには大麻クラブなるものが存在するそうで、そこの会員になって店内で大麻を吸えるそうです。

私は言語交流で知り合った日本人の男の子一人がそこの会員だそうで、よく友達と訪れているみたいです。

その会員のなり方は知りませんし、知りたくもないですが、調べてみると会員のなり方などのサイトがあるみたいです。

 

また、売人に買う方法ですが、レティーロという大きな公園で黒人が一日中たむろっているんですが、彼らが売人です。

目が合うとたばこのジェスチャーをしてきて

マリワナ、マリワナと交渉してきます。

事実その現場に私は出くわし、友達が購入していたので、

大麻否定派の私としては、あぁクズだな。と思ったのはほかでもありません。

まぁそういこともありその友達とは今はいい関係を保てはいませんがw

そしてその公園内で巡回している大量の警察官・・・全く取り締まらないというw

黒人イコール売人〈偏見かな〉なのに、見て見ぬふりという。この国w

こんな話を聞いたことがあります。

売人から大麻を買おうとしていたところ、巡回中の警察官がやってきて

大麻の購入は犯罪だから、これやるよ!

と、押収したものなのか所持していたものなのかわかりませんが、大麻マリファナ)をもらったという話。

また上記に挙げた大麻クラブに普通に警察官も会員で、吸っているという話。

 

合法ではあるものの、やっぱりグレーな部分を持っていて、

法律的にというよりも倫理観が重視されるトピックだと思います。

 

なぜ、大麻を肯定する人はみんな馬鹿みたいに口をそろえて、購入はダメだけど使用は問題ないから!!って必死に説明するんでしょうね。

そして、その次は必ず、酒・たばこの方が中毒性があるから!大麻は中毒性はなくいつでもやめれるから!

と。そう必死に説明してる時点で中毒じゃんとw

また、たばこよりも発がん性を多く含み、青少年が摂取したときの依存率の高さ、酒のような効果をもつのにその効果を無視し運転をし、事故を発生させる危険性など

たばこも酒もそうですが・・・多くの危険性があるのを無視している気がします。

まぁ事実、酒たばこよりかは中毒性がないにしても倫理観の問題を除き、大麻が合法化されれば雇用の増加、薬としての効果、大麻暴力団犯罪の減少などが見込めるのは間違いないです。

 

ただ、私個人としては、キメようぜ!!とか言ってマリファナに手を出している人を見ると軽蔑してしまいます。

この考えはお酒はもちろん合法!!だから酔ってもしょうがない。という偏見・固定概念があるからだと思います。

しかし、禁止されているものにわざわざ手をだして、必死こいて大丈夫だから!!と言い訳してる人たちを滑稽に思ってしまうからかもしれませんね。

たばこも嫌っている私だからかもしれませんが、煙をだしてほかの人にも迷惑をかけているのがわからない人たちに何を言っても理解してもらえるわけがありませんが、これを見ている方でマリファナに手を出そうと思っているかた・・・やめましょう

テンションが上がるかぼーっとするだけです。だったらお酒で我慢!!

断固否定のちょっとした愚痴。失礼しました。

 

スペインのカップル事情

こんにちは!

 

日本のラブホテルが今世界中では取り上げられていて、

テレビでもネットでも日本のラブホテル事情で盛り上がってますよね!

人を呼び込もうと面白い作りになっていたり、いろんなものがおいてあったりと多くのバリエーションがあるのが魅力的なラブホテルw

 

スペインにもラブホテルあるの??どこでするの??って疑問を友人たちにぶつけてみました。

続きを読む

引っ越し決定!!しかし罰金の支払い。スペインの法律

こんにちは!

 

私はスペインで一人暮らしをしているんですが、なかなかの出来の悪い家で、大家さんも親切なんですが、大家としての素質があまりない感じなんですよねw

 

スペインに来たときは選択肢がなかったので、いくら住む条件が悪くても住ませてくれる大家がいれば何でもいいって感じでやっとのことで見つけ住むことが出来ました。

本当は残高証明書、収入証明書、在留カード、銀行口座などが必要なんですが

 

spain.hatenadiary.jp

 

すべてない状態のパスポート一つで住まわせいてくれたのはとても感謝しています。

家賃の支払い・光熱費の支払いもすべて大家の口座に送金して支払いをしてくれたのは優しいなぁ(と、思ってましたが、請求書を見てないから若干ぼられていたんではないかと疑い・・・)

まぁ今はすべての生活条件が整ったので、落ち着いて考えるといろいろ問題がありすぎて・・・

家にいるのにジャケット来てるとか、テレビがないとか(アンテナが壊れている)壁に穴が開いているとか、壁が腐り始めたとか・・・

数え出すとキリがないですがw

しかし契約は1年の契約。

まだ住んで4か月なので、契約上引っ越しは不可能だと思っていました。

しかし、スペイン人の友達がスペインの居住についての法律を調べ弁護士も調べてくれたおかげで、引っ越しが可能になりました。

 

スペインで契約上引っ越しできないよぉ(´;ω;`)って方も参考にしていただければと思います。

こちらのスペイン公式サイトによると

BOE.es - Documento consolidado BOE-A-1994-26003

6か月以内に退去したい場合は1か月前に申し出れば退居ができる。

半年を超えている場合は不可能とのこと。

また、この記載が契約書にない場合はその契約書は無効となるとのこと。

そして契約年数前の解約は罰金は一か月の家賃の半額を罰金として払う必要があるとのこと。

うまく翻訳できないですが、こんな感じ。

私の契約書には記載がないし、契約期間内に解約した場合は違約金を払うって記載もない!

なので、引っ越しができる!!

家を探す必要もあるので3月に退去するとして、入居時に保証金を一か月分払っているので、家賃と相殺して、罰金だけ払えば完璧!

後は、これを大家と交渉するだけ!

 

 

電話で交渉した結果、

 

最初はだだこねてましたが、感謝の気持ちと生活するうえで、条件がちょっと悪いと丁寧に伝えたらわかってくれました。

罰金の件は法律も踏まえ何度も説明してやっと理解してくれました。

罰金と家賃の相殺を全然理解してくれなくて苦労しましたが・・・w

危うい。。。。

友達には引っ越すから!!って伝えるだけでいいといわれましたが、少なからずお世話になったので丁寧にと思って伝えましたが、やはり若干無理やりというか強気で言うのが効果的でした。

 

友達がいうには、日本とは違ってスペインの大家さんはお金のことしか考えていない

とのこと。

そりゃみんなそうだろって思うけど、スペインでは大家とは冷たい関係が一番みたいなんだって。そうすればことがうまくいくって

なんか悲しいなぁーとは思うけど、やっぱりお金に余裕のある国の人とスペインみたいにきつきつの生活をしてるととらえ方はやっぱり違うんだなぁと。

スペインで何が一番お金かかるかというと家賃だもの。

 

そんなこんなで引っ越しが決定したので、家具をどうするかと、次の家をどうするのかを考えないと・・・

進展があったらまた書こうと思います。