読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

適当にスペイン生活

スペインでの日常を気長に書いていくブログ

アエロフロートAeroflotに乗ってみた~成田発~その2

 こんにちは

前回に続き

spain.hatenadiary.jp

 のマドリッド帰国編です。

前回と同様なので、特に大きく変わりはありませんが、

今回のフライトは片道チケットを購入してスペインに戻りました。

今回は友人とスペインへ渡西したので、前日のオンラインチェックインは行わず、すべてチェックインカウンターの方にお任せしました。

 

成田~ロシア間 Aeroflot 261 便

 

出発は13:10発

前もって11時ごろに成田に到着。

早めにチェックインしようと手続きをしに行くとまさかのトラブル発生

私のチケットが片道チケットであることと、スペインでは学生VISAを取得しているので、その証明の提示が必要とのこと。

帰りはほかの国を経由していくから片道切符であると説明し(いつ帰るかわからないから片道を買いました)

NIEをスタッフに見せることで無事通過しました。

~NIEについては以前の記事を参照~

スタッフさんは新人さんだったらしく、早めにチェックインしたのに若干時間がかかってしまいました。

 

行きの飛行機で学んだようにもちろん水を購入してから搭乗!!

f:id:ryo1192:20170130002635j:plain

(ブレブレごめんなさい)

ブランケットと枕、スリッパ、アイマスクが常備されており、長旅には欠かせないアイテムがしっかりと備わっています。

私の席にはアイマスクはありませんでしたが・・・

今回の行きの飛行機には最新の映画が導入されておりシーサイドスクワッドが日本語で見ることが出来ました。

 

ほどんどハーレクイーンとジョーカーメインやん!!とか思いながらも、

日本ではない他の航空会社を使用すると日本語の映画が少ないのでこれはありがたい。

こちらの飛行機も食事のメニューが配られ、前もって決められることが出来ました。

f:id:ryo1192:20170130002130j:plain

私個人の意見としては日本着の飛行機よりも、日本発の飛行機の機内食がおいしいように感じます。日本で作っているからなのか、日本人向けに作られているのかはわかりませんが、日本からの機内食がおいしく感じました。

f:id:ryo1192:20170130002237j:plain

f:id:ryo1192:20170129231228j:plain

 

ロシア~マドリッド間 Aeroflot 261 便

 

10時間のフライトを経てロシアに到着です。

今回は飛行機から空港までバスで移動。

10時間でお尻が痛いのから解放されるー!!

と思ったのもつかの間、さらなる試練

寒い!!

地面は凍ってるし、マジ恐ロシア

 

この季節最低気温マイナス40度・・・なにそれwって感じです。

そのため飛行機を降りる際はコートをお忘れに!

f:id:ryo1192:20170130001712j:plain

次の出発は19:50

今回到着口から搭乗ゲートまでちょっと遠めでしたので、急いで搭乗ゲートに向かうと職員はいないはスクリーンには何も映ってないはで若干パニック

同じエアロフロートの職員に聞くと、その場所であってるとのことでしたが、掲示板には私たちの飛行機番号だけないという事態。

インフォメーションセンターで聞いても同じ答え。

またこれか・・・と気長に搭乗ゲートで待ってましたが周りの方もプチパニックのご様子w

予定時間から40分ほど遅れ職員がやってきて掲示板に私たちの番号が表示され、1時間ほど遅れて搭乗が出来ました。

んーこのロシアクオリティ・・・トラブルを楽しむのも旅の一つですかね(^◇^)

(こういう考えじゃないとやっていけないw)

 

相変わらずスクリーンのない飛行機で5時間ほどフライトを楽しみ、なぜか30分ほど早くマドリッドに到着。

入国審査でははやり、スペインで学生をやっているのか?と質問されNIEを提示し問題なく通過

そして早く着いたものの、荷物が全然来なくて結局待機w

f:id:ryo1192:20170130002703j:plain

 

スペインに到着

無事に荷物を受け取り、結局空港を出たのは23時過ぎ

そんなこんなでメトロで1か月ぶりの我が家へ帰宅しました。

 

 

まとめ 

 

多くの飛行機のなかでも一番安くマドリッドに行ける飛行機ですが、

その分サービスなどはまだまだ行き届いてないことも事実です。

備え付けのブランケットがビニールに入っているものもあればさっきまで、使用済みのブランケットでなんか唾液のにおいするんだけど・・・っていうのもあります。

また、スクリーンも古くよく壊れ再起動をしてもらうことや、リモコンが使えなくなり操作性の悪いタッチパネルで操作しなければいけないこともしばしば。

実際の経験です。

食事は上記で書いたように日本発の飛行機ではおいしく、他の国発の飛行機だと不満に個人的には感じました。

スタッフのサービスですが、特によくも悪くもなく、普通です。

海外に行ったことがなく日本のサービスしか受けたことがない方は悪く感じるとは思うかと思いますが、問題ないように感じました。

後ろの席の方が食事しづらいから先を少し前に戻していただけませんか?と提案されたこともありましたが、アメリカの航空会社みたいにフレンドリーな感じではなく、しっかりと丁寧に言われました。

またロシア空港内には荷物検査・パスポートチェックがありますが、いらないんではないか??というほど適当です。

私の友人は水をもって荷物検査を普通に通過してましたし、あまりに混みすぎてパスポートチェックのカウンターをスキップして直接荷物検査する列をスタッフが作ってました。

日本ほどしっかりしていないので、初めての飛行機乗り換えで心配ってかたも気にしなくていいレベルだなというのが個人的な意見です。

金額と相応、安いからしょうがないと割り切って乗るべき航空会社かなと思います。

 

17時間のフライト時間を耐えられる方はぜひアエロフロートを利用してみては♪