適当にスペイン生活

スペインでの日常を気長に書いていくブログ

スペイン・南米の人たちの10月12日ナショナルデー

こんにちは!

 

昨日、10月12日はスペインナショナルデーでしたので、町中がパレードで賑わい、町は兵隊さんの行進。空は戦闘機が飛びまわるという、町全体が盛り上がるイベントです。

 

そのイベントに行ってきました。

 

ナショナルデーとは

 

コロンブスあるいはコロンブスの日は、アメリカ州の多くの国々における祝祭日。1492年10月12日にクリストファー・コロンブスによるアメリカ大陸への発見および到着を祝う。アメリカ合衆国では「Columbus Day 」(コロンブスの日)、ラテンアメリカでは「Día de la Raza 」(民族の日)と呼ばれ、宗教的な祭としてピラールの聖母を祝うスペインでは「Día de la Hispanidad 」、「Fiesta Nacional 」と呼ばれている。またベリーズウルグアイでは「Día de las Américas」(アメリカの日)、バハマでは「Discovery Day 」(発見の日)、アルゼンチンでは「Día del Respeto a la Diversidad Cultural 」(文化の違いを尊重する日)、イタリアおよび世界中のリトル・イタリーでは「Giornata Nazionale di Cristoforo Colombo 」または「Festa Nazionale di Cristoforo Colombo 」と呼ばれている[1][2]。18世紀終盤から非公式に祝われており、20世紀初頭から様々な国々で正式に祝われるようになった。

 Wikiペディアより

 

つまり、コロンブスがアメリカ大陸を見つけた日を記念して、祝おう!

というもの。

 

軍事パレードが行われ、兵隊さんたちが道を歩きまわります。

 

 

その一方で

 

このナショナルデーでですが、各国いろいろな意見があります。

 

というのも。

 

南米を見つけたコロンブスですが、

南米はこのコロンブスの発見があったため、植民地化され、奴隷にされ、暗い南米の歴史を持つこととなりました。

自分らの奴隷・植民地化したことを祝われるという屈辱

 

その一方では、暗い歴史はあるけれども、白人と私たち南米の人たちが出会った一つの記念ではないか。

という前向きな考え方の国もあります。

 

上記のWiki引用であるように、呼び名がそれぞれ違うのは、先ほど説明した、国によってこの10月12日のとらえ方がそれぞれ違うという理由です。

 

例えば

スぺインでは、中南米への植民地化の第一歩を記念して

コスタリカでは、El día de la Raza y de la Hispanidad二つの世界の出会いを記念

コロンビアでは、Día de las Culturas 様々な文化が融合し、自分たちの国が出来上がったことを記念

ベネズエラでは、ヨーロッパ人に対する先住民抵抗の日として。

 

国によっては、それぞれ違うとらえ方をしているのが特徴的です。

 

ただ、ここスペインでは、植民地化を記念してパレード

(実際祝う人達はそんなつもりではなく、祝日だからという習慣の意味合いが強い)

を対抗するような形で、自分たちの文化的視点で祝おうという動きがあります。

 

少し前置きが長くなりましたが、こういった説明があったうえで南米の人たちがスペインでナショナルデーを祝う姿を見るとまた違った見え方がするかと思いました。

 

パレードの様子

f:id:ryo1192:20171013220744j:plain

f:id:ryo1192:20171013220700j:plain

f:id:ryo1192:20171013220708j:plain

 

それぞれの民族衣装を着て、踊りながら行進。

 

f:id:ryo1192:20171013220711j:plain

f:id:ryo1192:20171013220724j:plain

 

f:id:ryo1192:20171013220735j:plain

 

f:id:ryo1192:20171013220738j:plain

みんな綺麗でした!

ミニスカで踊っていたので、お尻とパンツが・・・・

と思っていたら、しゃがんで、パンツを撮ろうと必死なおじさんがいてつい苦笑。

日本のコミケにもそういう光景よく見かけるので、エロは世界共通だな・・・とつい一人で納得。

 

f:id:ryo1192:20171013220909j:plain

 

このパレードはLa Latinaという場所で行われていて、Latinaはラテンの人という意味で、南米の人を指します。

だからこの場所に合わせてこのパレードを行っているのかな。。。(確かじゃないです。ごめんなさい(。-人-。) )

 

このパレードはペルー・ボリビアなどの人たちが民族衣装を着て踊るというもの。

ただ、楽しくスペインのナショナルデーを祝っているように思っていたんですが、一緒に行ったチリ人の女の子が、実はスペインのナショナルデーを単純に祝っているわけではないんだよ。とポツリポツリと説明してくれました。

 

スペインは植民地化の第一歩を祝っている。

中南米の人たちは上記に挙げた理由の上で、楽しくアメリカを発見したという事実だけを祝おう。という理由の差がある。

 

とのこと。

 

パレード自体は楽しそうで、みんな楽しく踊っていたんですが、

そういった理由、歴史的背景を聞くと全然楽しくない!

 

そう考えると、中南米の人たちが持つ明るさ。陽気さというのは、こういったところからきてるのかなーとか考えたり。

一つの視点ではなく、いろんな視点で物事を見てみるのも、大切だなと改めて実感したナショナルデーでした。

芸術の町バスク地方Bilbao~観光スポット~

芸術の町・スペインの北に位置するバスク地方Bilbaoビルバオ

 

前記事参照:

 

spain.hatenadiary.jp

 

 

工業都市として1.2次産業が盛んであったビルバオですが、1980年代の工業危機後、サービス部門で成功した都市として、世界的な有名なスペインの都市。

「世界の巨大企業150社」で40位のBBVAなどの本社がある都市としても有名です。

また、

ビルバオ工業都市としても盛んであったためか、運河が多く、ビルバオ内には17つもの橋があり、それぞれ有名な建築家が橋を手掛けていたりするので、ちょっとした街並みのおしゃれな雰囲気でした♪

サービス業・観光業が盛んなビルバオに行ってきましたので、観光スポット・ビルバオの食べ物をまとめてみました。

 

ベゴニャ教会

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Bilbao_-_Basilica_de_Bego%C3%B1a_12.JPG

1620年に建設された建物で、

フランスとスペインの間の海・ビスケー湾から航海している当時の人々に愛された建築物

ネルビオン川へ入り、ラ・サルベという場所につくと、ベゴニャ教会が見え、帰ってきたと安堵し、聖マリアに感謝したといわれています。

その場所はスペイン語で『感謝』サルベと呼ばれています。

 

また時計塔に24個の鐘が収容されており、7つのメロディーを奏でてくれます。

 

月曜日~金曜日9:30~13:30・16:30~20:30一般公開されています。

 

 住所:C\ Virgen de Begoña, 38, 48006 Bilbao, Vizcaya

 

 

サンアントン教会

http://fotos.elcorreo.com/200911/dsc01139.jpg

旧市街にあるカトリック教会で、ビルバオ市の紋章に描かれている教会。

15、16世紀に作られたゴシック様式の建物で、長い年月を経つと、改修工事などが行われ、ゴシック様式のエッセンスなどは失われてしまうのが普通だが、この建築物は失われることなく、残っている。当時のゴシック様式を知るための大切な建物。

 

また、洪水や戦争などで、被害を受け、特にカルリスタ戦争では倉庫として使われ、荒れ果ててしまった。のちに補修作業を行われたが、オリジナルのものとは全く違う形で、補修作業を行われてしまったので、非難が相次いだことでも有名な教会。

 

 

 

住所:Calle Ribera, 24, 48005 Bilbao, Spain

公式サイト

 

 

スビズリ橋

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/7/77/Bilbao_06_2012_Zubizuri_bridge_2645.JPG

グッゲンハイム美術館からすぐそばに位置しており、美術館による際に一緒に見ておくと◎

橋を観光名所にするという斬新なアイデアで、多くの人が訪れています。

日本人の磯崎さんが作った磯崎ゲートから延びる橋で、磯崎ゲートが一望できます。

橋の曲線美は美しく、現代美術建築物に実際に触れることが出来る建築物です。

 

Campo Volantin, 48007 Bilbao, Spain

公式サイト

 

ビスカヤ

 

https://www.instagram.com/p/BWuES4CHzy8/

 

ビルバオの河口付近に位置し、運搬橋として使用されています。

 

橋と言っていいのか・・・と思いますが、地元の人には馴染み深く、車に乗ったままわたることが出来、最古の橋として、2006年に世界遺産に登録されました。

誰でも乗れることが出来るので、一度乗ってみるのをおススメ♪

 

ビスカヤ橋の歴史などにも触れて書いたので、

他記事のビスカヤ橋への行き方も参考にどうぞ。

 

住所:Puente de Vizcaya Zubia, Getxo, Bizkaia

 

ミゲル広場Plaza Miguel de Unamuno

f:id:ryo1192:20170925001110j:plain

 

情緒あふれる街並みで、ここに訪れると、旧市街らしい雰囲気を感じさせてくれます。

長く続く階段には多くの人が座ってくつろいでおり、周辺のBarやお菓子屋さんで買って階段で食べゆったりしてみるのもいいかも♪

日本では階段に座ればうっとおしがられますが、スペインではOK

ビルバオの落ち着いたリラックスできる場所で、おススメ♪

 

住所:Unamuno Miguel Plaza, 48005 Bilbo, Bizkaia

 

Plaza Nueva

f:id:ryo1192:20170925002157j:plain

ミゲル広場から近くに位置し、他の都市の広場とは比較にならないほど小さいくてびっくりw

ただ、広場は多くのバルがあり、ビルバオ名物ピンチョスを安価で頂けるおいしいレストランが軒並み連ねています。

教会が建ち並ぶ場所にあるので、観光しながらお腹を満たせるので◎

 

ビルバオの食べ物は日本人の味覚に近くほとんどが食べやすいです。

さらに美食の町ともビルバオは言われており、多くの美食レストランに出会う事間違いなしです!

この広場では私は多くのピンチョスを平らげてしまい、満腹で、観光に支障をきたしてしまったので、いくらおいしくても食べすぎはご注意を!

f:id:ryo1192:20170925010533j:plain

f:id:ryo1192:20170925005811j:plain

 

ビルバオ美術館

http://www.tvarquitectura.com/wp/wp-content/uploads/MUSEO-B-ARTES_BILBAO-628x434.jpg

 ビルバオグッゲンハイム美術館の次に、バスク州で2番目に規模の大きな美術館であり、来館者数の多い美術館

 

外には蜘蛛や犬のモニュメントがあり、入場しなくても楽しめる美術館。

ただ、外のインパクトが強いため、中はつまらなかった・・・という人が後を絶たないw

それでも毎年30万人の来館者があり。ビルバオのランドマーク。

 

2004年に新館が作られたことで、

旧館は中世から近代美術、新館は現代の作品

と分けられています。

ちなみに、歌川国貞や歌川広重の浮世絵などの、私たち日本人にもなじみのある作品が収蔵されているので、海外で、日本の作品を見てみるのもアリですね!

 

住所:Museo Plaza, 2, 48009 Bilbo, Bizkaia

営業時間 月~土曜日 10時~22時

公式サイト

 

グッゲンハイム美術館

http://www.verdenorte.com/cmswp/wp-content/uploads/2011/04/Guggenheim-bilbao.jpg

 

現代美術専門の美術館でアメリカのソロモン・R・グッゲンハイム財団が設立した分館のひとつ

1991年にバスク政府が上記の財団に老朽化した港湾地区に美術館の建設を提案したことによって建設されました。

 

その際、KLMオランダ航空が100万USドルを寄付したことも珍しい出来事としても、有名な美術館です。

工業地域であったビルバオが美術館を建設し、観光業で成功した代表的な建物で、

ビルバオ効果』『グッゲンハイム効果』ともいわれています。

 

最初の3年間で400万人の来場者が来たことで、周辺のレストランなどが、土日の営業を背ざる負えなかったそうで、現在も土日は営業をしています。

スペインならでは土日は働かないスタイルを根本から変えてしまった、グッゲンハイム美術館の影響力は恐ろしいですねw

 

ちなみに007のワールド・イズ・ノットイナフの冒頭シーンに登場するので、映画好きにはなおさら訪れるべき観光スポットです!

007好きにはたまらない場所でした!!

 

 

住所:Abandoibarra Et. 2, 48001 Bilbao, Spain

営業時間 火~日曜日 10時~20時

 公式サイト

 

 

 

まとめ

 

北スペインのリラックスした、芸術の街を楽しんでください♪

 

 

芸術の町バスク地方Bilbao~マドリードからビルバオへ~

美食と芸術が栄えた町ビルバオ

休日にビルバオに行ってきました!

マドリード在住のスペイン人の多くがどこの町が好きと聞かれると、必ず上位に入るのが、北スペインのビルバオ

食べ物がおいしく、景色も素敵とのことで、行ってきました!

 

f:id:ryo1192:20170924214345j:plain

 

ビルバオ

マドリードから 320km離れたスペイン北部の町ビルバオ

マドリードバルセロナが注目される中で、隠れた観光スポットと注目される街。

海に面し、長年商業の中心として発展してきた地域で、最近では第3次産業の発展が成功し世界的にも名が広まりつつある。

そのため、世界的に有名な芸術作品などがビルバオにはいくつか点在し、観光スポットとして現在注目されている街です。

また、ビルバオの食文化はスペイン内でも注目されており、美食の町としても名高いことで有名。

 

 

 

どんな所?

スペイン北部にあるバスク地方の県

人口は350万人ほど

スペイン内では10番目・スペイン北部では1番目の人口の高さです。

 

面積は40㎢

 

1300年ごろから商業の中心地として栄え、ビルバオ港からビスカヤ地方で取れた鉄鉱石を主に輸出をし発展してきた街です。

1500~1600年ごろに疫病が流行り人口が壊滅的に激減しましたが、のちにさらなる工業化に成功し、人口が急激に増加し現在のビルバオに至ります。

 

また、急激に人口が増えたため、隣接する自治体が併合を繰り返し、現在のビルバオの形になりました。

 

 

マドリードからビルバオ

マドリッドからビルバオへ行くには3通りあり、

  1. 飛行機
  2. バス
  3. 電車

以上の3つになります。

 

飛行機

 

所要時間は1時間

費用   70~100€(予約時期にもよる)

 

マドリードのバラハス空港からビルバオ空港まで行くことが出来ます。

ただ、ビルバオ空港は中心街からちょっと離れているため、バスに乗って移動する必要があります。

約2€です。

f:id:ryo1192:20170924213657j:plain

 

Moyua Plaza行きのバスA3247に乗れば12分ほどで到着します。

Moyuaは中心部なので、すぐに観光がしたい方は◎

またはTermibus行き(バスターミナル)でも到着します。

f:id:ryo1192:20170827050658j:plain

 

バス

 

f:id:ryo1192:20170826045159j:plain

 

 

所要時間 6時間ほど

費用 片道 30€ほど

 

 

マドリードから向かうバスで、旅行する場合、大きなバスターミナルが二つマドリードにはあり、AtochaとAvenidaAmericaの二つにあるので、バスのチケットをネットから購入する際には出発場所に注意が必要!

 

私は何度も直前に間違えそうになることが多々ありますw

f:id:ryo1192:20170924212536j:plainf:id:ryo1192:20170924212523j:plain

 

 

基本的に長距離バスは、テレビがついていることが多いので、イヤホンを持参すると◎です。

 

車内では映画やテレビを見れるので、長距離の移動も快適に過ごせるので、必須です。

f:id:ryo1192:20170924212531j:plain

今回はバスで行ったので、

マドリードのAvenidaAmerica駅のバスターミナルから

上記に挙げたTermiBusに到着しました。

 

 

 

電車

 

所要時間 5時間

費用   片道50€ほど

 

ほとんど時間も金額もバスと変わらないので、座り心地などを重視するかたは電車をおススメしますが、個人的には時間もほとんど変わらないバスがいいかと思います。

実際今回バスで私は行きましたが、電車を選ぶメリットがなかったので、バスにしました。

ただ、到着する駅周辺は観光スポットが密集しているので、時間に余裕のない方は電車がいいかと思います。

 

電車の場合、到着先はバスターミナルと真逆になるので、ビルバオから他の都市へバスで移動する際は注意が必要です。

 

 

マドリードから電車に乗る参考は前記事を

 

spain.hatenadiary.jp

 

スペイン海沿い都市を回る旅

スペイン国内旅行

 

こんにちは!(@pawnspanish)

 

以前の記事に書きましたが、ビザ更新まで期間があったので、スペイン北部から南にかけて海沿いを旅行してきたので、観光スポットと一緒に記事を書いていこうと思います。

 

 私が回った都市は

ビルバオ

https://www.instagram.com/p/BWuES4CHzy8/

Oldest bridge in Bilbao!! ....bridge...? #spain #bilbao #españa #europa #bridge #puente #oldest #おしゃれ #夜景 #nightview #datenight #スペイン #ビルバオ #橋 #modo #fashonable #デート #夜景 #最も古い #デートスポット #ヨーロッパ #留学 #旅 #バックパック #1人旅 #viaje #travel #vizcaya #ビスカヤ橋

 

サラゴサ

 

https://www.instagram.com/p/BWxQAoUHypR/

I am in Zaragoza 40℃#spain #zaragoza #europa #oladecalor #hot #temple #iglesia #ヨーロッパ #españa #教会 #猛暑 #暑い #留学 #旅行 #1人旅 #backpacker #バックパック #旅 #north #norte #blog #ブログ #オシャレカフェ

 

 

バルセロナ

https://www.instagram.com/p/BWyb6AEHIeQ/

Sagrada Familia!!サグラダファミリア!#spain🇪🇸 #balcerona #sagradafamilia #monument #norteño #españa #europa #herenciamundial #gaudi #antonio #worldheritage #world #loves_world #スペイン🇪🇸 #バルセロナ #北スペイン #ヨーロッパ #旅行 #旅 #バックパック #backpacker #travelling #blogger #travelgram #family #sagrad #家族

 

 

バレンシア

https://www.instagram.com/p/BW7hxTbnCEP/

Paella valenciana!!with rabitバレンシア名物ウサギ入りパエリア!#españa #spain🇪🇸 #valencia #paella #conejo #rico #comidaespañola #spanishfood #rabit #ricefield #スペイン #バレンシア #パエリア #パエージャ #ウサギ #スペイン料理 #美味しい #米 #郷土料理 #海外 #海外旅行 #旅 #ヨーロッパ旅行

 

アリカンテ

 

https://www.instagram.com/p/BW8qTBMHO4V/

Castillo de Santa Bárbara サンタバルバラ城#ヨーロッパ旅行 #旅 #海外旅行 #海外 #spain #españa #alicante #castilla #castle #europa #blog #bagpacker #travelgram #trip #modo #スペイン #城 #アリカンテ #ブログ #バッグパッカー #南スペイン #castilladesantabarbara

 

の5都市を回るという長旅。

学生の身分というのもあってたくさんのお金をかけれないこともあって、移動はすべてバス・滞在はゲストハウスという安旅。

f:id:ryo1192:20170826045159j:plain

バックパッカーしてた学生時代が懐かしかったなぁ♪

 

アリカンテからマドリードまでの帰りは贅沢してRenfeの一等車に乗って帰宅したので、それも書こうと思ってます。

 

 

(本当はムルシアも行く予定だったけど、4年ぶりに会ったアリカンテの友達と羽目を外しすぎてひどい二日酔いで帰った・・・だけなのは秘密)

 

記事は書いてあるので、ここにまとめて書いていこうと思ってます。

2017/8/26更新

 

気づいたら明日からスペインで不法滞在者~その②~

続き

 

 

spain.hatenadiary.jp

 

f:id:ryo1192:20170826041239j:plain

 

インターン業者に向かった私だが、唯一の必要書類を断れた私。

のその後。残り30日

 

 

まさかの学校とインターン業者のバトル

 

断れた私は学校に戻り、インターン業者を見つけてくれた先生に相談すると、

私に約束した事と違う!!

f:id:ryo1192:20170826040346j:plain

といってその場でインターン業者に電話。

 

長々と目の前で電話でやり取りをしてるのをずっと見てる私。

 

何話してるかわからないので、とりあえず苦笑いしながら待機。

THE 日本人!!

f:id:ryo1192:20170826040201j:plain

 

電話が終わり、担当もよくわかってないので、

後日連絡するから、ちょい待ちな~

ってことで、その日は解散。

 

まさかの追加オプション料金発生

 

後日連絡が来ると、結局証明書は用意はできないので、

語学学校にお願いして、学校行かないけど、

席を入れて証明書をもらうという流れ。に決定。

 

何それww

 

自分の学校→インターン業者→行かない語学学校

 

何個経由してるのよw

コミッションだけは取られたくないので、その語学学校とも直接連絡のやり取り。

 

もうこの時点で、毎日連絡連絡で、はぁ・・・って感じ

メールメールメールメールばっかり。

 

って思っていたら、当初予約していた手続きの日が来てしまったけど、書類がないので、行くこともできず。。。。次のチャンスへ。

 

結果行かない学校の授業料を半年分払って、証明書をもらえることに。

 

次の予約、また来月。。。(笑)

書類もすぐにもらえそうだったので、

再度、役所に予約を。と思い、確認。

 

ない。。。。空いてる日がない。。。。

 

 

次の空いてる日が来月しかないとのことなので、仕方なく予約。

 

それまで20日ほどあったので、その間スペインを旅行したり、

日本に帰ったりとバケーション。

 

そして帰国後、役所に向かうと、以前お財布を盗まれていることもあり、

肝心のNIEがない

プラス

期限が切れているとのことで、いろんな役所をたらいまわしに・・・

2日間で4つほどの役所をたらいまわしにされましたw

 

で、結局言われたのが、

あなた、明日から滞在期限切れるよ。

とのまさかの不法滞在者宣告

 

結構やばめだから、ここ行きなさいと、メモを渡され

他の役所に行き、言われるままに提出書類を出し、雑談も、書類チェックもなく終了。

 

書類は全部大丈夫だったんですか・・・?

不法滞在の件は??

何も説明されることなくあっさり終わり。

聞いても結果はメールで送りまーす。だけ。

提出書類に提出しましたのシールが貼られるだけで、その他何もなし。

 

つまり、連絡メールが来るまで、これ不法滞在じゃね・・・

 

いろんなスペイン人に聞いてみると、

みんなスペイン人そんなもんだから大丈夫♪

気にすんな、連絡待ってるっていえばとりあえず大丈夫♪

 

なにその気楽加減・・・・

まぁ自分が忘れていたのが悪いんだけどw

 

不安や・・・・

 

という流れで不法滞在者??になりました。

たぶん提出書類に提出済みのサインがあるので、大丈夫・・・だとは思うけど

 

NIEの結果が来たら再度、記事を書こうと思います。