適当にスペイン生活

スペインでの日常を気長に書いていくブログ

※留学に必須【2018年版】スペイン・セルバンテス認可マドリード語学学校16選まとめ

 

こんにちは。

 

スペインと日本の間でワーキングホリーデーが締結されて、徐々に日本からスペインへワーホリに来る人をよく見かけます。

 

ワーキングホリーデー

英語: Working Holiday)とは、2国間の協定に基づいて、青年(18歳〜25歳または30歳)が異なった文化(相手国)の中で休暇を楽しみながら、その間の滞在資金を補うために一定の就労をすることを認める査証及び出入国管理上の特別な制度である。

 現地で働くことが出来ますが、スペインではなかなか仕事が見つからないため、多くの方はスペインで勉強をすることがほとんどだと思います。

 

スペイン・マドリードで勉強するとなるとまずどこで、勉強したらいいの?と思うかと思います。

 セルバンテス認可マドリード語学学校16選

セルバンテスが認可している語学学校をまとめましたので、これからの留学の準備に参考にしてみてください。

 

また、ワーキングホリデーだけではなく短期・長期留学の方にも便利な情報となるよう、以下の学校はすべて、ビザ更新の際・ビザ取得に必要なセルバンテスが認可している学校ですので、ビザ更新・取得の際にはスムーズに手続きが行えるかと思います。

スペインで学生ビザを取得するにはセルバンテスに認可された学校の証明書が必要になります。

 

1.AIL Madrid

Web:https://www.ailmadrid.com/es/17/6/la-escuela

住所:C/ O’Donnell 27, 1º, Madrid 28009 

Tel:+34 91 725 6350

Mail:info@ailmadrid.com

メモ

マドリードの語学学校の中では結構大きめで、私も一度ここで、勉強したことがある。

中国人が多い印象で、世界各国の学生がいました。

先生たちも気さくで、勉強しやすい環境でした。

ただ、不満があるとしたら、朝9時から授業スタートして、2時まで連続で4時間近く授業するのが辛かった・・・

 

2.Berlitz Barrio de Salamanca

Web: Escuela de idiomas berlitz.es | Cursos para adultos y niños

住所 : Calle Serrano, 219. 1 B 28016 Madrid

Tel: +34 914 57 07 2

Mail: info@berlitz.es

 

メモ

日本にもある語学学校で、カリキュラムがしっかりしており、しっかりと学べるかと。

ただ企業などに向けて授業をしたり、幼児向けの教育システムがあるなど、幅広いカリキュラムがあるので、学校で勉強するというよりは、日本でいう英会話教室で勉強するようなスタイルに近いかと。

 

3.Centro de Estudios Luis Vives

Web: Centro de Estudios Luis Vives. Academia de estudios en Madrid

住所 :Arenal 18 - Puerta del Sol

Tel:915 594 770

Mail:academia@luis-vives.es

 

メモ

マドリードのセンター街Gran viaの近くに位置し、通いやすい。

1~4週間までの短期間コースが多いので、一度短期間で勉強してから気に入ったら、長期コースへ変更するのがいいかと思います。

 

4.Club de Español

 

Web: Cursos de Español en Madrid - Clases de Español en Madrid | Club de Español

 住所 :Monte Esquinza, 28 - 28010 Madrid

Tel: (0034) 902 888 986 (directo) 

Mail: spanish@club-de-espanol.com

 

メモ

何度か、ここの学校を通して、スペイン企業でインターシップをしたいと相談しに行ったことがある。

ネットに書かれている授業数と金額とは異なっており、例えば、週5授業と書かれていても実際は週2.3で、金額ももちろん安くなっている。

嘘書いてるといえば嘘だが、学生ビザを取得するためには週20時間の授業が必要という条件がある。なので、ビザ取得させるために表示授業数・価格よりも実際は少ない。

ただ、ビザを取得したい。という人にはいいかと思います。

がっつり勉強したいという人には向かないと思います。

 

5.Cronopios Idiomas

 

Web: https://cronopiosidiomas.com/

住所 :Cervantes, 19 - Madrid, 28014

Tel: (+34) 915 222 014

Mail:hola@cronopiosidiomas.com

 

6.Don Quijote Madrid

 

Web: Aprende español en España o Latinoamérica en las escuelas DQ

住所 :C/Duque de Liria,6

Tel: +34 923 268 860

Mail:infocentral@donquijote.org

メモ

30年近く続いている歴史ある学校でマドリードだけでなくスペインのいろんな都市に同じ学校があり、他の都市でも勉強したい!他の都市を見てみたい!という人にうってつけの学校。

数か月勉強したら、次は他の都市の。と変えることが出来るのが◎

スペインのいろいろな場所で勉強したい!という人にはおススメの学校。

 

7.EF Escuela internacional de Español

 

Web: EF Education First | EF España

住所 :Calle de María de Molina, 41, 28006 Madrid

Tel: 914 32 67 92

Mail:Rocio.urbistondo@ef.com

 

メモ

世界中で展開されている語学学校、世界中に200の国々に2000近くの語学学校を持つ学校・企業。

日本の留学エージェントを通すと、希望の学校がない場合、十中八九この語学学校を紹介されることになるかと思います。

スペイン語の勉強はもちろんですが、英語の勉強も兼ねたい、他の国にも行きたいという方には多くのオプションがある学校なので、選択肢が狭まってしまったらこの学校を選んでおけば間違いないかと思います。

 

8.Enforex

 

Web:https://www.enforex.com/espanol/escuela-madrid.html

住所 :Gustavo Fernández Balbuena, 11 28002 Madrid, España

Tel:  (+34) 91 594 37 76

Mail: info@enforex.es

 

メモ

ここも7.EFと同様、名前のある学校で、留学エージェントに連絡するとEFかここの2つを紹介されるほど、有名な学校です。

少し、金額は高いですが、EFと同じくサポートが充実しているので、何か問題が起こった時手厚くサポートしてくれるので、留学する親御さんにとって安心できる学校かと思います。

また、アクティビティも充実しているので、勉強だけでなく学校外でのオリエンテーションなど、楽しく勉強できるため、日本の多くの留学エージェントがこの学校を紹介しています。

EFと同様安定した学校です。

 

9.Escuela de Espanol Tilde

 

Web: https://www.tildemadrid.com/

住所 Calle Luis Vélez de Guevara, 8, 28012 Madrid

Tel:915 22 85 08

Mail:info@tildemadrid.com 

メモ

スペイン語だけでなく、+α勉強できる語学学校。

ダンスや医学など語学+ほかの科目も勉強できるので、スペイン語だけ勉強するのはつまらないっていう方に◎

他の語学学校と比べると授業料が高いので、個人的にはおススメはしない。

 

10.Estudio Sampere(Madrid)

 

Web: http://www.sampere.edu.es/

住所 :Don Ramón de la Cruz, 83 Madrid 28006 España

Tel: +34 915 759 790

Mail:sampere@sampere.es

 

メモ

語学学校というよりは、翻訳家・通訳者になりたい人向けの学校で、

英語-スペイン語、フランス語-スペイン語ポルトガル語-スペイン語の通訳のコースがあり、中級車・上級者向けの学校。

ある程度勉強したうえで、通訳の勉強をしたいという人に◎

 

11.Eureka

Web: https://www.eurekamadrid.com/jp/

住所 :Calle del Arenal, 26., 28013 Madrid

Tel:915 48 86 40

Mail:eureka@eurekamadrid.com

 メモ

全教員が学位を取得しており、授業の質がいいといわれている語学学校です。

他の語学学校の教員はバイトであったり、学位がなくても働くことが出来ますが、この語学学校は学位取得しており、あなた次第で目的にあった勉強ができるかもしれません。

 

12.Inhispania

 

Web: http://inhispania.com/

住所 :Calle Marqués de Valdeiglesias, 3, 28004 Madrid

Tel: 915 21 22 31

Mail:info@inhispania.com

 

メモ

様々な授業コースが各学校によってあるが、なかなか具体的なトータルの金額を知ることが出来ないが、この学校は、サイトに各コースの金額を細かく記載しており、分かりやすく安心。

例えば4週間までしか料金が書いてなかったりする語学学校が多い中、この学校は詳しく書いてある。

学校は非常にカジュアルな内装になっており、勉強を楽しみながらできるように工夫されている。

 

13.Internacional house Madrid

Web: http://www.ihmadrid.com/

住所 :Calle Zurbano 8, 28010 Madrid

Tel:+34 913 10 13 14

Mail:info@ihmadrid.com

メモ

インターナショナルハウスグループのマドリード語学学校。

130校、世界中に展開している会社で、日本でも見かけたことがあるかと思います。

インターナショナルと言われるぐらいなので、世界中の学生が勉強しています。

世界中で名前が通っている学校ですので、ここを希望する学生も多く、国際感あふれる学校です。マドリードだけでなく、他の都市にもありますので、Don Quijoteと同じように、都市間での組み合わせが可能です。

ただ、人気というだけあって他の語学学校と比べると割と高い金額設定になっています。

スペイン語・英語・ビジネスを学べるので、高い質の授業を得られることを考えるとコストパフォーマンスはいいかもしれません。

 

 

14.King's Training

Web: https://kingstraining.com/

住所 :Edificio Serantes, Plaza Pablo Ruiz Picasso, s/n, 28020 Madrid

Tel:  914 31 00 11

Mail:info@kingstraining.com

 

 メモ

語学学校だけでなく、一般企業に向けてケンブリッジ試験対策などのコンサルタント業も行っている学校。

 

15.Academia Madrid Plus

Web: http://www.madridplus.es/index.htm

住所 : Calle del Arenal, 21, 28013 Madrid

Tel:915 48 11 16

Mail:info@madridplus.es

 

メモ

住む所も一緒に提供してくれなおかつ、授業料も一緒に計算してくれるウェブサイトがあり、まだ何も準備していないけど、自分で手配したい!という方にお勧めの語学学校。

 

16.Lae Madrid Spanish Language School

Web: https://laemadrid.com/

住所 :Calle Montesa, 35, 2ª derecha, 28006 Madrid

Tel:912 19 69 91

Mail:info@laemadrid.com

 

メモ

 今まで見た語学学校のなかで授業料が高い。この学校の学生になれば、いろいろなお店での割引が受けられるという謎のメリットがある。

学校と、レストランなどが連携しており、留学生をお店へ呼びこもうというプロモーションがあるので、よく外出する人にはいいかも。

 

 まとめ

 

スペインには語学学校がたくさんありますが、セルバンテスに認可されていない学校ですと、ビザを取得・更新することが出来ないので、事前にビザを取得できる学校なのか、調べておくことが必要です。

また、語学学校だけでなく、マドリードにある大学なら、どの学校もビザの取得が可能ですので、語学学校だけでなく、大学も視野に入れて考えてみるのもいいかもしれません。

 

 

 

スペインを楽しむクラブ!マドリードの人気クラブ10選

マドリードのクラブ10選

f:id:ryo1192:20180107094004j:plain

こんにちは!

 

情熱の国スペインに訪れた際には行きたいのは

クラブ!!

スペイン人はお酒をよく飲むし、陽気な人が多いので、クラブでみんながはしゃいで踊って飲んでいるので、クラブの雰囲気を楽しむだけでもこっちも楽しくなること間違いなし!

さらにスペインでは美男美女が多いので、ナンパも一つの醍醐味ですね!

 

スペインの美女と言ったら

ペネロペクルス

f:id:ryo1192:20180106072237j:plain

スペイン美男は

エドゥアルド・ノリエガ

f:id:ryo1192:20180106072247j:plain

 

 

こんな美男美女がクラブにはうじゃうじゃといます。

相手にされるかは別として。。。。

 

美男美女目当てでなくても、音楽やお酒など楽しめるクラブはスペインにたくさんあります。

私が住んでいるマドリードのクラブ10選を紹介したいと思います。

 

1.Teatro Kapital

 

 

マドリードにあるクラブの中で一番大きいのではないかと思うクラブです。

クラブの外観はビルで、8階まであります。

なんとその8階すべてクラブのフロアになっており、音楽の種類ごとに階層分けされている大きい箱です。

クラブと言ったら騒音でゆっくりできないイメージがかなり強くイメージされると思いますが、Kapitalは大きな箱の為、ゆっくりお酒を飲みたい人のためのフロアもあるので、疲れたら休憩できるのが◎です。

また、踊る飲むだけでなく、ステージショーなども定期的に行われているので、見ることでも楽しめるクラブです。

私個人的にはマドリードの中で群を抜いておススメのクラブです。

マドリード地元民からもクラブと言ったらとりあえず、Kapitalというほど、人気で、週末は必ず長い列があります。

階層ごとの音楽の種類
  1. 受付・ハウスダンスステージ・VIP
  2. プライベートルーム
  3. ミュージックスタジオ(カラオケ)
  4. ルーム席
  5. カップルエリア
  6. ファンクエリア
  7. モヒート&キューバ・バカルティエリア
  8. テラス席・喫煙ルーム

 

営業時間      木曜日から土曜日 0時から5時半まで

場所        Calle de Atocha125, Madrid

Web           http://www.grupo-kapital.com/kapital/

入場料 季節・日によって変動 大体30€前後

 

 

2.Gotham

 

バッドマンのゴッサムシティのような名前です。バッドマンは出てきません。笑

 マドリードは観光客でいつも賑わう町ですので、クラブに行くとよく外国人を見かけます。私も外国人ですけど・・・

しかし、ここGothamに訪れるの人の多くはマドリードに住んでいる地元民が多く、他の外国人にあまり会いたくない。という人におススメ。

サイズは900人が収容できるほどの大きさで、一階と地下の二層に分かれています。

年齢層も若い人が多く、祝ったり、友人間でパーティーをするために来るグループも少なくないです。

そのため、現地民と交流が持ちたい、友達を作りたいという人にはうってつけかもしれません。

 

音楽の種類

ハウスミュージック・レゲトン・その他いろいろ

 

 

営業時間              金曜日・土曜日  0時から5時

場所                   Calle Hilarión Eslava, 38, 28015 Madrid

Web                   http://gothamtheclub.es/

 

3.Goya Social Club

いつも賑わっており、なかなか入ることが出来ない。

場所はGoya駅のすぐそばで交通の便もよくHotelなども多く建ち並ぶすぐそばに位置していることもあって、多くの人が訪れるため、しょっちゅう入場制限をしている。

300人ほどの収容人数の箱であるがすぐ満員になるので、12時前に到着していることをおススメします。

それほど、はしゃぎたい!騒ぎたい!っていうのはないが、スペインのクラブに行ってみたいなぁという人におススメ。大きなクラブと比べるとまだ落ち着いている印象。

 

音楽

ハウス音楽

 

 

営業時間                金曜日から土曜日 0時から朝6時

場所                        Calle Goya 43, 28001 - Madrid, Spain

Web                       http://www.goyasocialclub.com/

 

 4.El Pirata

 

f:id:ryo1192:20180106085321j:plain

クラブというよりはパブに近い雰囲気で、マドリードにはなかなか少ない80~90年代の音楽をメインとしたクラブで、昔の古き良き時代の音楽が好きな人にはたまらない場所です。

そのため、年齢層は結構高めで、40代50代中には60.70代と思わしき老人が陽気に踊っていたりしてかなり面白い。

スペインは日本のようにクラブは若者の飲んで騒ぐための場所とは違い、音楽を楽しむ場所としての認識が強いため、老人たちもクラブに来ては踊り、コーヒーを飲んで帰るといったなかなか文化の違いを感じさせてくれる場所です。

もちろんEDMのような音楽には老人たちは見かけませんが・・・w

私個人としてもなかなか面白いお気に入りの場所です。

 

Sol駅からすぐ近くなので、訪れてみてはいかがでしょうか。

 

音楽

80s90sをメインに様々

営業時間                毎日22時から3時

場所                 Calle Príncipe, 20

Web                   https://www.melobusco.es/madrid/bares-de-copas/el-pirata

 

5.Joy Eslava

 

 マドリードのSol駅のすぐ目の前にあり、中心街のど真ん中に位置するクラブ。

連日若者でにぎわっており、毎週様々なイベントを行っており、日ごとに雰囲気が異なり面白いクラブです。

音楽のジャンルも日によってさまざま。そのため、幅広い客層が来るため、いろんな人と楽しみたい人にはうってつけ♪

場所も中心街にあるため、疲れたら近くのホテル・カフェ・レストランで休憩が出来るのも中心街にある利点です。

マドリードに来たら必ずSol駅に訪れると思いますので、利便性も考えるとコストパフォーマンス満点です。

内装も劇場のような作りで、35年続く歴史ある建物ですので、見た目も劇場のようになっています。

そのため、音楽のライブ会場としても使われることもあります。

 

音楽

ハウスミュージック・テクノ・ファンク・レゲトンHipHop・Rap・Black

 

営業時間           毎日0時から6時

場所                Calle de Arenal 11

Web             http://joy-eslava.com/

 

6.Velvet

f:id:ryo1192:20180106091954j:plain

年齢層がかなり若めのクラブ

21~26歳の大学生がよく通うクラブ。

場所もCallaoの近くという事もあり、大学生のグループがクラブやバーを飲み歩いたりした後に立ちよるクラブです。

内装も派手な色使いで、派手に楽しむのが好きな人たち向けに作られています。

そのため、女の子が多い印象です。単に踊りに来たという人も多いクラブですので、派手にナンパをしすぎると追い出さられることもありますので、ほどほどに。

 

音楽

レゲトンサルサ・テレビ音楽

 

営業時間         金曜日・土曜日 0時から6時

場所           C/JACOMETREZO 6

Web           https://www.velvetdisco.es/

 

7.Mitty

 

 

学生向けのクラブで、学生向けのイベントなどを開催したりなど、大学生に親しまれているクラブです。

さらに、マドリード在住者や大学生への割引なども行っていることもあるため、訪れるほとんどが大学生。年齢層は若め。

現地の大学生と交流を持ちたい方は訪れてみるといいですね♪

 

音楽

レゲトン・ハウスミュージック・サルサ・その他様々

 

営業時間             木曜日から月曜日 21時から6時

場所          Calle Julián Romea, 4, 28003 Madrid

Web                    http://www.mittycats.com/

 

8.Koh Tao

f:id:ryo1192:20180106101755j:plain

 

他のクラブとは一味違う雰囲気のクラブ。

音楽はレゲトンを主に流しているためか、中南米の人が多いような印象。

21歳からしか入場が出来ないため、

年齢層は20代から50代までと幅広く、大人な方が多く見受けられます。

1000㎡ものフロアがあり、多くの収容人数が見込める箱です。

また、エッチなセクシーな服装をしている人が多く、男性は気が気ではなくなりそうな笑(年齢層が大学生よりも上だから?)

お立ち台?やステージでスタッフが踊っており、

中にはスタッフで過激な服装をしている人がいるので、Facebookなど結構写真が上がっているので、訪れる前のテンション上げにどうぞ。

入場料は1時までは無料です。

ただし飲み物が1杯10€以上するので、注意が必要です。

 

音楽

レゲトン・ハウスミュージック・サルサ・その他様々

 

営業時間   水曜日から日曜日 0時から6時

場所     Avenida Alberto Alcocer 32

Web     http://kohtaomadrid.com/

 

9.Blackhaus

 

 

Blackhausさん(@blackhausmadrid)がシェアした投稿 -

マドリードのクラブの中ではなかなか異色のクラブ。クラブの中にレストランが内設されています。レストランが併設されているためかグループで訪れて、仲間内で楽しむような雰囲気のクラブです。

もちろん一人で訪れる方もいます。

若干マドリード中心から離れているため、簡単には訪れにくい場所ではありますが、それでも、毎週多くの地元民が訪れてはどんちゃん騒ぎしています。

音楽はクラブの名前の通り、EDMなどよりもファンク・HipHopなどを中心としており、R&Bなどの音楽が好きな人にはもってこいのクラブです。

 

 音楽

レゲトン・ハウスミュージック・Rap・HipHopR&Bサルサ

 

営業時間         土曜日・日曜日 9時30分から6時

場所              Ctra. de la Coruña, Km. 8.700. 28023 Madrid

Web              http://blackhaus.es/

 

 

10. Teatro Barceló

 もし上品なクラブを探しているなら、間違いなくここ!

4つのフロアがあり、様々な音楽を楽しめ、レベルの高いDJが音楽を流してくれます。

マドリードのクラシックなクラブで多くの人で連日にぎわっています。

内装はマドリードの古き良き劇場スタイルに作られており、

80年続く老舗のクラブです。

場所も利便性が高く、Tribunal駅のすぐそばなので、位置的にも◎

やはり人気のクラブなので、入場するには若干並ぶこともありますが、それでも、雰囲気などを加味すると並ぶ価値はあるかと思います。

上品な雰囲気を楽しみながらクラブミュージックを楽しく事が出来るのでおススメです。

 

音楽

レゲトン・ハウスミュージック・POP 

 

営業時間          木曜日から日曜日 0時から6時

場所     Calle Barceló, 11, 28004 Madrid

Web             http://teatrobarcelo.com/

まとめ

 

どうでしたでしょうか 

行ってみたいクラブはあったでしょうか。

ちなみにクラブはスペイン語ではDiscoteca(ディスコテカ)です。

日本でいうディスコに近い発音です。

基本的にマドリードのクラブの入場料金は15€から30€が相場です。

入場料金には飲み物代が1杯ついているのが一般的です。

お酒が飲めない人でも、コーラなど炭酸飲料もその一杯で飲めますので、安心です♪

楽しんでスペインクラブライフを過ごしてください♪

 

※飲みすぎ注意

 

番外編

多くのクラブに訪れた私ですが、

今後絶対に行きたくないクラブが一つあったので、それもご紹介。

Gabanaというクラブです。

http://www.gabana.es/

マドリードの地元民が多く、収容人数も多くいつも行列ができるほど人気ですが、

年齢層はかなり若く、客層はかなりひどいです。

正直この記事を書いていて、書くことではありませんが、

クラブに行く際には注意が必要です。

というのも、ヨーロッパではアジア人への差別・見下した姿勢というものが存在します。

普段は態度には出さないものの、お酒の力、クラブという場所も相まって挑発されることもしばしばです。

上記に書いたクラブはそういった事がなかったのと、あってもさほど気にならない程度ですが、

ここGabanaというクラブは最低でした。

3メートル歩けば、暴言・暴言

人やタイミングもあるとは思いますが、友人は胸倉を突然掴まれたりなどされました。

全く違う人に。

そういうところにはそう人が集まるのかどうかわかりませんが、

せっかくお金を払って楽しみたいのに、この記事を読んでくれた方が同じような思いをしてほしくないので、一つご参考までに書いておきました。

 

スペイン語で日本料理なんて言うの?

日本食スペイン語でなんていうの??

f:id:ryo1192:20180107093320j:plain

こんにちは!

 

海外に住んでいるとどーーーーしても日本食が恋しくなるものです。

でも日本食レストランに行くと、大したクオリティでもないのに日本の価格の2倍ぐらいはしてテンションが下がる。。。。

海外在住者の中ではあるあるネタではないでしょうか?

 

なので、できるだけ安い中国人経営のレストランや中華料理店に行くことが多いかと思います。

ザ・日本食レストランよりは安く、中にはアジアの料理をまとめて扱っているレストランもあるため。

でも、メニューは中国語だったり、現地の言葉・スペイン語

 

また、海外で勉強しているとどうしても日本文化や日本料理を紹介する機会があるかと思います。

スペイン語でこの料理なんて説明したらいいの??となることが、私の経験上では結構ありました。

 

なので、スペインのレストランにあるメニューや日本料理を紹介しているものサイトや日本語の教材などをまとめてみましたので、

スペイン語でこの料理なんて言えばいいの???

という状況になった際は参考にしてみてください。

 

 

定食 plato combinado
ランチ menú del día
天丼 arroz cubierto de tempura sazonado
親子丼 arroz con pollo y huevos cocidos con salsa de soya
牛丼 arroz con carne de res cocido con salsa de soya
焼き肉 carne de res asada al estilo coreano
野菜炒め sofrito de verduras
漬物 verduras encurtidas a la japonesa
味噌汁 sopa de miso
おにぎり bolas de arroz
てんぷら fritura a la japonesa/tempura
寿司 sushi
うどん tallarines de trigo/udon
ラーメン ramen
蕎麦 tallarines de trigo rubión/soba
焼きそば yakisoba/tallarines chino frito
お好み焼き panqueque japones con huevos
カレーライス cúrry y arroz
ハンバーグ hamburguesa
コロッケ croqueta
フライドチキン pollo frito
サラダ ensalada
スープ sopa/caldo
スパゲティー espaguéti
ピザ pizza
ハンバーガ bocadillo de hamburguesa/hamburguesa
サンドウィッチ sándwich
トースト tostadas
お茶
和牛 Wagyu
カツ Fritanga/Katsu
日本酒 Sake
餅(餡子入り) mochi

 

 

まとめ

どうしょうか。

日本食の多くは世界中で認知度が高まっているので、基本的にそのまま日本料理名を伝えてもわかることがほとんどなので、問題はないと思いますが、

漬物などのあまり認知の低い料理は結構苦戦するかと思います。

中には説明の足りない料理などがあったらコメントなど頂けると幸いです。

必要があれば徐々に追加していきたいと思いますので、気になる日本料理などもあれば教えてください。

 

それではよい日本食ライフを♪

鑑定士からスペインで日本語教師になるまで。続き

鑑定士から日本語教師になるまで。続き

 

 

spain.hatenadiary.jp

 

前回までは。

前職鑑定士を辞めスペインに勉強しに来た私でしたが、

もう勉強したくないと、まさかの駄々っ子。

いきついた選択肢がインターンシップでしたが、

たいしてスペイン語が話せるわけではないので、ビジネスの世界で無能である現実を認識させられる。

 

f:id:ryo1192:20180107082003p:plain

インターンシップ・無能な私

インターンシップが始まり、スペインの一般企業・コンサルタント会社で働くこととなりました。

その会社のマーケティング部門で勉強させてもらうことに。

 

その会社は企業に対して講演会・リーダーシップ指導なども行う傍ら、委託されたホームページの集客アップなども行っていたため、前職・鑑定士をやりつつECサイトも手掛けることがあったので、マーケティング部門に採用されました。

 

しかし!!!

Googleの順位を上げる、ECサイトの取り扱う商品の詳細を書く。

f:id:ryo1192:20180107092156j:plain

といった業務がたいしてできるわけでもなく、毎日勉強勉強、添削添削の毎日。

申し訳ない申し訳ない申し訳ない。と思いつつも上司の方々は優しく指導していただき

 

もちろん、スペイン語は話せたほうがいいけど、君は勉強しに来たんだから、努力してくれればこれでいいんだよ

と優しい言葉。

しかし裏を取れば、

お前話せないから、仕事に対して支障の出ないその仕事をやって、勉強してな。

という意味でもある。

そして、後からきたインターシップの学生はガンガンクライアントに電話したり、責任のある仕事を任されていて

それを見ながら、無能。無能。無能・・・・の矢が毎日刺さる

(考えすぎですが、仕事に関してはがつがつやっていきたいタイプなので、悔しかった)

 

そんな仕事でも、学ぶことは沢山あり、

ビジネスメールの書き方や電話の際の決まり文句、ケータリングの手配・ホテルへの問い合わせなどなど

なかなか普通に学生してるだけではできない経験はできたので、よしと。

 

そんななか、友人からの一本の電話が。

 友人からの電話

一本の友人からの電話が今の仕事につながります。

 

うほ、日本語教師にならないか?

 

突然、日本語教師になりたい?との電話がスペイン人の友人からあり

全然興味はなかったけど、スペインで生きるため・スペイン語上達のための一つの手段なら・・・

と思い。

うん・・・

 

と返事をし、その友人を通して、日本語教師をしている人と連絡。

自分は学生であることやインターシップをしている状況などを伝えると

もう一度かけなおす。とのこと。

 

スペインで働くには、日本のように簡単にバイトが出来るわけではなく

労働ビザが必要になる。

 

学生ビザは基本的に働くことが出来ないので、労働ビザに切り替えなければならない。

その労働ビザは雇う会社がお金を払って申請しないといけない。

という難点がある。

申請しても、お金が結構かかるのと、申請した会社の信頼度や残高など多くの書類を提出し、審査されちょーーーーめんどくさい。

 

なので、学生ビザの学生が、面接しても

え、労働ビザもってないの??めんどくせ

と言って不採用になることが普通。

 

という流れで、あーダメか・・

f:id:ryo1192:20180107092426j:plain

と思っていたら、

 

再度電話があり、

 

他の学校も募集してて、条件が良かったら労働ビザの手配もしてくれるって!

とまさかの斡旋。

もしダメだったら、うちで違法に働いていいから、安心してね!

とさらに違法勧誘。

 

f:id:ryo1192:20180107092556j:plain

なんというスペインの労働環境・・・

と衝撃を受けつつも、連絡先を聞き、とりあえず面接し、速攻合格

この間まさかの2日間

ビザの問題も特に問題なし。

とりあえず学生ビザですでに延長してしまっていたので、

その間に手続きをしようと話し合いの結果に。

その間は週二十時間のアルバイトの申請を行い、働くスタイルということで、

思ってもいないとんとん拍子にことが進んでしまい、

紹介してくれた友人には感謝。

 

f:id:ryo1192:20180107092641j:plain

日本語教師生活スタート

20時間という事もあり、一応念のため、最初は範囲内でやろうとのことで、

午後だけ働き始めました(申請しただけ、正直なところネグロ)

スペイン語がうまく話せないのにも関わらず、多くの生徒を受け持つことになり、最初はてんわやんわ・・・・

知らない文法用語とか出てくるし、

あいうえおとか眠くなるし

まさかのレベルの高いクラスも何個も持つこととなり、

食べました

食べたんです

の違いを説明しなければならなかったり(日本語を教えたことなかった)

毎日必死で必死で日本語とスペイン語を勉強する毎日。

 

その間インターシップは続いていて、午前中一般企業で働き、

午後は日本語のダブルワークを行っていて、毎日ふらふら・・・・

これも修行のためや・・・

と必死に頑張り、無事インターン期間も終了し

まだビザの問題はありますが、日本語に専念することになり、今の生活に至ります。

 

こんな感じで、ふわふわした流れで、日本語教師になったので、日本の友達からは、

私が先生になることなんてあるんだね!とビックり。

というか私もビックリですけどねw

 

という流れで、鑑定士からスペインでの日本語教師になりました。

毎日わからないことだらけで、勉強の毎日ですが、まぁうまくいっている。のかな・・・?

とりあえず、ビザで問題が起きなければ最低でも3年は働くつもりです。

意外と教えるのが面白いのと、スペイン語の勉強にもなる。

 

2記事に分けて書いたので、長くなってしまいました。

読んでくれた方ありがとうございます。

自分語りにお付き合いいただきありがとうございました。

 

これからもよろしくお願いします。

鑑定士からスペインで日本語教師になるまで。

鑑定士から日本語教師になった話

こんにちは!

 

現在はスペインで日本語教師をして生活していますが、もともと日本語教師になりたかったわけでもなく、先生になりたかったわけでもない。

むしろ、先生になんか絶対になりたくない!!と思うような人間でした。

学生の頃は先生は忍耐力があるド真面目な人がなる職業だと思っていたので、正反対の私は今の状況が考えられないぐらい真逆のものでした。

 

そんな私がスペインで日本語教師になるまでを書いてみました。

自分語りなので、暇な時間つぶし程度に読んでください。

 

まず初めに

現在スペインで日本語教師をしていますが、

教師と言っても誰でもなれる塾講師のような感じです。

免許もいらない、資格もいらない。ザ・実力。の職業

大学とかで免許を持って教えているわけではないので、ザ・不安定。

 

ざっくりいうと、

語学学校という一般企業で、社員として働いているという感じです。

 

という事を前提として書いていきます。

なぜ、これを書いたかというと

日本語教師は海外で誰でもなれるから。

叩かれそうな表現ですが、ここは後述します。

 

日本での前職

スペインに来る前に、私は鑑定士の仕事をしていました。

鑑定士って何??ってところですが、

要はブランド品の鑑定をしていました。

特に免許とか資格とかはないので、決まった呼び名はないので

(宝石業界・古物商などの法律ではある)

ブランド品のバイヤー・ブランド鑑定士・鑑定士etc

いろんな名前があります。

私の場合、ルイヴィトン・時計はもちろんのこと、雑貨関係(ギター・置物)なども取り扱っていたので、総称して鑑定士と呼んでいました。

f:id:ryo1192:20180107075407j:plain

 

よくテレビで見るなんでも鑑定団のあのおじいたちの仕事ですね。

 

ブランド鑑定ってどんな仕事?

なかなかそういう業界で働いている人に出会うことがないと思うので、どういう仕事か説明すると

 

お客さんが持ってきた物を安く買い取って、他の客に高く売る

市場に流す・七預かり・質流れ処理などありますが、基本これだけです。

ザ・資本主義って感じです笑

これを毎日繰り返す日々を送っていました。

毎日毎日商品は違えど、毎日同じ作業

マニュアル?流れを覚えてしまえば誰にでもできる作業(真贋能力は必要ですが)

替えなんていくらでもいるし、この仕事誰でもできるよな・・・

と毎日もやもやとした生活を送っていました。

 

そんな中

これからこの仕事続けるかどーしよーという機会があり、

だったら学歴もない実力もない、人に誇れるものもない

そんな中で転職しても先が見えているわ。

そうだ、実力を作りに行こう。

と漠然とした考えで仕事を辞めスペインへきました。

 

まぁ正直何の目的も、これと言って資格など一つに特化したものもなく

あるのは自分のお気楽な性格と根拠のない自信だけ。あと無駄に良い運。

 

スペイン生活の開始

スペイン語の知識はちょっとした単語知ってるレベルで(野菜の名前とか)

ほぼ皆無なわけでとりあえず、必死に勉強開始(5年前サラマンカへ短期留学したけど、遊学してたので一切勉強していない・・・恥ずかしい。)

 

その5年前のクズな経験があったからこそ、自分を追い込んで勉強ができたのかと今になって思います。

 

UAMというマドリッド自治大学の外国人コースで勉強をスタート。

1年のコースで毎日朝から授業。

Universidad Autónoma de Madrid

 

そんな感じで、勉強を続け約7か月。

ビザは1年の長期にしてあったので、延長することもできるし、帰ることもできる。

そんな決断の時期が迫っているあいだ、ずっと悩みました。

 

悩んだ結果 

 

このまま帰れば、ちょっとスペイン語話せる程度の意識高い系じゃん・・・

 

帰って仕事は??結局帰っても一緒じゃん。

 

うーん

 

でも、勉強したくない・・・W

 

勉強したいけど、勉強したくない!

 

矛盾も甚だしいですが、当時の自分は社畜のように働いていた日本での生活から一変、スペインでのスローペース且学生という身分・勉強することだけが生きがいみたいな生活に耐えられなくて、

働きたい働きたい働きたい

社畜精神が目を覚ましかけていました。

 

f:id:ryo1192:20180107075521p:plain

というのも、留学というものは

収入はもちろんないため、いわば留学は

勉強しながら毎日お金を浪費していくだけの生活

と言っても過言ではないと思います。

 

結構この収入のない残高を気にしながらただ、お金を浪費する毎日はストレスを感じるもので。勉強や帰国後だけでなく、お金の不安までさせられてしまうのです。

 

うーん・・・でも、勉強はしたくないけど、なんとかならんもんかね・・・

先生に打ち明けたら

 

社畜の君にいい提案があるよ!!

と、提案されたのが

 

インターンシップ!!

 

そうここスペインでは学生がインターンシップを一般企業ですることが一般的なのです。

ただインターンシップと言っても、

スペインでは、学生をタダでこき使い、インターン期限が切れたらポイして他の新しい学生をこき使い始めるという

無給インターンシップです。

 

f:id:ryo1192:20180107075920p:plain

もちろんなかには有休もありますが、それほど多くない。

さらに、大した能力・十分にスペイン語を話せるわけでもないので、私は論外でした。

 

会社でビジネスもスペイン語ビジネス用語も勉強できるなら、最高や!!

と飛びつき、先生のコネでインターンシップ斡旋業者を通して、すぐにインターンを開始しました。

 

待ち受けているのは、現実・・・。

そう、いかに自分が無能であるか

 

長くなってしまったので、次記事に続く