適当にスペイン生活

スペインでの日常を気長に書いていくブログ

マドリードの動物園へ!!動物愛護団体の抗議を目の当たりに。

こんにちは!

 

たまには気分転換にでもということでマドリードの動物園に行ってきました。

 

マドリッド動物園・水族館

マドリッドの中心部に動物園があるので、気軽に行けるという上野動物園感覚で行けるマドリッドの動物園です。

Zoo Aquarium de Madrid |

 

 

場所は10番線のCasa de campo駅

f:id:ryo1192:20170623074227j:plain

駅からバスが出ているので、バスに乗ってもいいですし、歩いても行ける距離です。

天気がよかったので、歩いて向かいました。

f:id:ryo1192:20170623073547j:plain

 

歩いて大体20分ぐらい。

森の中にあるので、自然を楽しみながらテクテクと。

 

ただ、

道中すごい萎えることが一つ。

日本などのアジアと違って、動物愛護主義や菜食主義などの自分の思想を強く持っている人が多くいます。

そういう人達にとって、動物園ていうのは否定すべき存在なんですよね・・・・

 

そりゃ動物をかっさらって檻に閉じ込めているんですから。

 

なので、道中落書きや広告などが多く目につきました。

 

『動物園は監獄だ!』

 

『動物にとっても人間も動物だ!』

 

『同じ動物として、他種を苦しめていいはずがない』

 

などなど。

f:id:ryo1192:20170623073726j:plain

 

道端にスプレーで落書きしてるわ、動物園の看板に書いてあるわ、張り紙があるわで、

だいぶ萎えますね

f:id:ryo1192:20170623074127j:plain

 

 

私はいいですけど、子供が見たらどうなんですかね、

えー。。。。お父さん。。。帰ろ。。。ってなりそうですw

 

菜食主義の人の気持ちはわからなくないですが、動物園の前まで抗議しなくても・・・

 

到着

まぁそんなこんなで歩くこと20分

 

f:id:ryo1192:20170623074131j:plain

 

入場料は8歳から64歳まで23.30€

オンラインで買っておくと17.90€

ちなみに8歳以下は18.90€でした。

 

 

もちろんクレジットカードがない私はそのまま現地で購入。f:id:ryo1192:20170623075003j:plain

特に機械を使わずになぜか横を普通にスルーして入場。

 

金曜日の昼間に行ったんですが、休日は人でごった返しているそうですが

全然人がいなくて、びっくり。

f:id:ryo1192:20170623074948j:plain

 

f:id:ryo1192:20170623075011j:plainf:id:ryo1192:20170623075015j:plain

 

ぶらぶらと回って帰る頃には18時を回ってました。

そのころには入場者がぐんと増えていました。

時間帯と平日っていうのが空いている理由みたいですね。

 

f:id:ryo1192:20170623075016j:plain

 

一応水族館もあります。

でも、すっごいちっちゃいですw

動物園がメインだよ感が否めなかったです。

 

動物の写真をたくさん撮ったので、勉強がてら、スペイン語の名前と一緒に写真を上げたいと思います。

 

最近テンション下がることだらけ(´;ω;`)

こんにちは!

 

久々のブログ更新になります。

 

2週間前にお財布を黒人にひったくられてからよくないこと続きで、ブログ書く余裕もなくストレス発散の日々でした。

 

なんで悪いことって続くんでしょうかね。

そういう期間なんだ!って自分なりに納得してましたが、うーんなんとも。

 

この二週間いろんなことがありました。

 

まずお財布が盗まれる。

これはもうどうしようもない計画的ひったくり犯行でしたし、ただ日本の銀行カードやら運転免許所が入っていたので、痛い・・・

帰国したらまたやらなきゃいけないことばかりだし、クレジットカード全部取られたので、いざというときの日本のクレジットカードがない。

スペインの銀行カードはマスターが付いているので、とりあえず安心・・・かな??

 

次に、スペインならでは。

銀行のキャッシュカードを発行したのに使えない。

新しくカードを発行したのはいいが、やっと届いたのにATMでおろせない。。。。

3店舗ほど銀行回ったのにどこも原因がわからないとのこと。

理由は大学内の銀行で作ったから、学生用の特別な口座だから、大学以外では問題解決する手続きはできないとのこと。

いや・・・連携してくれよ・・・・とw

 

携帯が突然使えなくなる

アイフォンを使っていたんですが、突然アクティベーションが必要になり、開けなくなった。その際にアップルIDが必要とのことなのに、その登録されているIDは今使ってるものではなく、5年前に作ったほかのIDとのこと。

まぁ覚えているわけないw

日本のアップルに国際電話するも解決できず、断念。グーグルフォトとLINEはすべてパソコンに入っていたのでなんとか無事。しかし携帯が使えないのは痛い・・・

新しいものを買うも、故障疑惑。

WIFI上でとてつもなく遅く、返品しようともって初期化してお店に持って行ったら、なぜかスムーズに使える。

そして帰宅、再度使えなくなる。

私ストレスマックスwwwww

 

友達の親が亡くなる

まさかの窃盗にあっている間、スペインの友人のお父さんが脳梗塞的なやつ(あんまり教えてくれなかった)で突然亡くなっていた。

 

突然のことで、その友人はショックなのか、一人になりたいのかわからないけど

あまり友達にそのことを言ってなくて、

たまたま盗まれたことを愚痴ろうと電話したら、すごい暗くて、どうしたの??と聞くと死んじゃったと・・・・

クリスマスとか初めてスペイン来た時に家に招待してくれて、私も面識がありよくしてくれてもらっていたので、私もびっくり・・・

愚痴ろうと思っていたのに、まさかのテンションさらにダウン・・・w

愚痴ることもできずに終了。

お財布のことなんてどーでもよくなってしまったw

 

バタバタしているうちに戸棚にあったジャガイモが腐り、ルームシェアしている他の住人に報告され、今に至ります。

 

こうも悪いことはなんで続くんでしょうかね、そういう気の流れ・運命的なものがあるんでしょうか。

とりあえず私の人生嫌なことがあった次には必ずいいことが来るので、それまで待ちましょう。

 

ストレス発散に動物園に行ったりボルダリングに行ったりしたので、それもまた書いていこうとおもいます。

それでは。

 

 

 

サラマンカに行ってきました。サラマンカの魅力編②

こんにちは!

 

f:id:ryo1192:20170531084717j:plain

 

世界遺産に登録されている都市サラマンカに行ってきました。

前回の記事の続きになります。

 

spain.hatenadiary.jp

 

前回はサラマンカへの行き方をメインに書きましたが、今回は建築物などの写真をメインに上げたいと思います。

 

 プラサマヨール Plaza mayor

f:id:ryo1192:20170601113710j:plain

 

サラマンカの中心部に位置し、写真に写っている部分が正面になり、全体像としては、広場を囲むように長方形のような形をしています。

1756年に建築家Alberto de Churrigueraによって作られ、当初はサンマルティン広場として認知されており、徐々に大きくなるにつれ名前が変わっていきました。

大きさは6400㎡で大体東京ドーム1個分の大きさ!!

綺麗な長方形の形をしておらず、若干曲がった形をしており、大きい部分の面が82,60m、小さい面は75,69m

サラマンカのプラサマヨール内には多くの飲食店・バルが集結しており、プラサマヨールを一望しながら食事をできるとのことで、常に多くの観光客でにぎわっています。

また、写真は正面の部分ですが、正面部分は市役所となっており、サラマンカの経済活動の中心ともなっており、大きな役割を果たしている建築物でもあります。

 

現地に住んでいる人達の待ち合わせ場所もここプラサマヨールになり、私の何度か友達とプラサマヨールの時計の下に待ち合わせしました!

懐かしき場所です。

 

サラマンカ大学

 

以前の記事にも書いたように、スペイン最古の大学がサラマンカにあります。

多くの日本の大学生がこぞって短期留学や長期留学にサラマンカに訪れている大学です。

オックスフォード大学ケンブリッジ大学に並ぶヨーロッパ最古の大学で、昔の言葉で、知識を欲するものはサラマンカへ行け。といわれるぐらい権威のある大学です。

多くの外国人留学生がここで勉強しています。

日本の大阪工業大学駿河台大学と提携していることでも有名です。

 

こちらが大学前の門になります。

f:id:ryo1192:20170612115107j:plain

1218年にレオン王国のアルフォンソ9世に設立されました。

こちらの正面の門の装飾にはカエルの像・リーフがあり、それを見たものは学業成就するといわれています。なので、常に多くの観光客が門の前で見上げている光景が日常化されています(笑)

私は4年前に見つけましたが、今回の旅行で見つけることができませんでした。。。

 

サラマンカ大学内部

f:id:ryo1192:20170612115114j:plain

なにをコンセプトとしているかわからない像が歓迎してくれます。

 

全体的におしゃれな大学なんですが、勉強するキャンパスはほかの建物になり、勉強していてここに来ることはほとんどないです。

せいぜい最初の一回目の授業か説明会の時ぐらいです。

語学留学コースがサラマンカ大学にあるので、その登録の際にここに訪れ、オフィスに訪れるぐらいです。

というか、ここにはそのオフィスしかないです。(笑)

ほんと謎の広場です。

 

f:id:ryo1192:20170612115118j:plain

ここが登録する際のオフィスです。

登録説明会の時には外国人でごった返します。

 

 

カテドラル

 

サラマンカの中で一番迫力のある建物です。

新旧のカテドラルがあるので、どちらも有料ですが入場可能なので、一度は行ってみることをお勧めします。

内部は撮影禁止ですが、目に焼き付くこと間違いなしです。

 

旧カテドラル

別名サンタマリアカテドラル

Jerónimo de Perigordによって12世紀から14世紀にかけて建設されロマネスク様式・ゴティック様式などを取り入れられています。

f:id:ryo1192:20170612120641j:plain

f:id:ryo1192:20170612120831j:plain

 

新カテドラル

f:id:ryo1192:20170612122749j:plain

聖母被昇天大聖堂という名前ですが、旧カテドラルの次にできたので新カテドラルと呼ばれています。16世紀から18世紀にかけて作られました。司教区の本部になり、後期ゴシック・ルネッサンスバロック様式などの多くの建築様式が混ざった建築物になります。93mもありスペインで大きな建物の一つになります。

 

 ローマ橋

f:id:ryo1192:20170612120751j:plain

 中心部からだいぶ離れますが、ここからの旧市街の街並みを見渡せるおススメポイントとなっています。

サムネの写真もローマ橋を渡ったところから撮影しました。訪れる際には必ず写真を撮りに行ってほしい場所です。

 

f:id:ryo1192:20170612124211j:plain

曇っていると全然迫力ないので、晴れている日にぜひ♪

 

貝の家Casa de Conches

f:id:ryo1192:20170612124245j:plain

1517年に建設されたゴティック様式の建物

壁一面に貝殻が張られているちょっと奇妙な装飾。その数300個!!

当時の建築様式に用いられてたデコレーションだそうです。

当時は監獄のように使われておりましたが、1929年には国際建築物として扱われ、1993年以降は公民図書館として使用され、税金などの支払いに充てられています。

f:id:ryo1192:20170612124413j:plain天気が良ければ中にはから目の前のコンプルテンセ大学を見ることもできます。

 

f:id:ryo1192:20170612125611j:plain

中庭には井戸のようなものがあり、子供たちがはしゃいでいたのでパシャリ♪

何ともほほえましい光景でした。

 

サンエステバン修道院 Convento de San Esteban

f:id:ryo1192:20170612130058j:plain

17世紀18世紀に建設されたバロック様式の建物

かつてコロンブスサラマンカ大学天文学を学ぶために滞在したといわれている場所でもあります。

 

汽車

f:id:ryo1192:20170612124214j:plain

f:id:ryo1192:20170612124216j:plain

 

ちょっとしたアトラクションにはなりますが、サラマンカの町を電車?汽車?に乗って回ることができます。

時間の余裕のあるかたは観光スポットをゆっくり汽車に乗って回ることができるのでおススメです。

 

まとめ

 

サラマンカは町全体が世界遺産に登録されているので、観光はもちろんですが、留学の際には毎日素敵な街並みに囲まれて勉強することができます。

週末にはバスで3時間ほど行けばマドリードに行けますので、素敵な環境で勉強をしたい方にお勧めです。

 

 

サラマンカからバスでマドリードへ

こんにちは!

以前マドリードからサラマンカへの電車での行き方を書きましたが、

帰りはバスでマドリードに帰ったので、記事にしてみました。

 

 

spain.hatenadiary.jp

 

サラマンカからマドリードまで運行しているバスは一社しかなく

Avanzaアバンサという会社だけになります。

http://www.avanzabus.com/web/default.aspx

前もってネットでチケットを買うこともできますし、バスターミナルの窓口で購入することもできます。

 

今回私は友人と会うため何時に帰るかわからなかったので、時間変更の可能性も考え、窓口で購入しました。

 

場所

 

 

外側

 

f:id:ryo1192:20170612133851j:plain

 

内部

 

f:id:ryo1192:20170612133831j:plain

 

全体的にすごい殺風景です。

 

 

電車とは全く反対方向に位置するので、観光ついでに訪れるほうがいいです。

意外と遠いので歩きます。

サラマンカは町中石畳・坂道続きなのですぐに足が痛くなるので、運動しやすい靴がいいかと思います。

以前も書いたようにサラマンカに4年まえ留学していたころは毎日足が痛くなってました。

日本のようにコンクリートの道とは違うだけで、こんなにも疲労するのかと思った記憶があります。

f:id:ryo1192:20170612133804j:plain

 

価格

どの時間も20€でした。

当日購入の当日出発なので、前日から買う場合はわからないですが、おおよその目安で20€だと思っていただければいいかも。

私の場合、友達と会うの3時間ほど時間の余裕をもって買っていたので、早めに帰るために窓口で時間変更をしたところ1.5€取られました。

まぁ当然っちゃ当然。

 

バス内

びっくりしたのが、4年前はなかったのですが、

バス内に飛行機のようなモニターが付いていて映画やテレビを見れる。

ということ。

出発当初は使えなかったのですが、

出発してから10分ほどしてから運転手がテレビのボタン?みたいなの押したら使えるようになりました。

f:id:ryo1192:20170612134244j:plain

映画は最新のから昔のまで様々見れ、テレビ・ラジオを見ることが可能。

私はYou See Me を鑑賞。

オリジナルと英語字幕で見たので理解は半分ぐらいw

もちろんスペイン語で見るか英語で見るかしか選択肢はありませんw

日本語はもちろんありませんでした。

 

到着場所

f:id:ryo1192:20170612134326j:plain

到着先はモンクロアという駅

大体サラマンカまで3時間ほどで到着。

 

まとめ

所要時間3時間

片道費用21.5€

 

電車と比較すると

あんまり変わらない。

電車

所要時間2.5時間

片道費用24€

 

若干の差はあるので、ちょっとだけ節約していきたい人はバスでいいかなぁぐらいの差です。

私のように時間変更して追加料金を払うぐらいなら電車でいいのかなって感じ。

ただバスの場合は到着場所がモンクロア

電車の場合はチャマルティン

なので、全体の交通費も考えて検討するのがいいかも。

 

電車の場合も書いたので検討してみてください。

 

spain.hatenadiary.jp

 

 

スペインで盗難にあいました。警察の反応はあるある~のノリだった。

こんにちは。

 

結果から言うと盗難にあいました。

 

何が起きたか。何をしたかをまとめてみました。

 

 さっそく毎日更新の宣言は破れてしまいました。

 

と、いうのも理由がありまして、盗難にあって落ち込んでいたという理由と、警察行ったりと忙しかったからです。。。。

 

 

 

スペインに在住の方やこれからスペインに来る人は気を付けてほしいという気持ちで盗難にあった状況を書きたいと思います。

 

 

 

場所はChuecaという場所で中心街からすぐそばの駅です。

 

 

 

朝6時ぐらいに道を歩いていたら、見知らぬ男が左からしつこく話しかけてきて、そのすきに右側から黒人がポケットの財布を引っ張り抜き、走って逃げるという盗難にありました。

黒人に気を取られているすきに最初の男もいつの間にか消えているという連係プレイ。

 

やられましたね。ははははh

まさかのその日払う家賃も日本の銀行のカードも入れていたので、文字通りすべて取られたって感じです。

銀行のカードもないので、お金もないし、トランスポートカードもないので、移動もできないという最悪の事態。

さらにクレジットカード2枚入っていたので、これからもクレジットカードで買い物のできない。

まぁ笑うしかないほんと最悪の状況になり。

ほんと関係ないんですが、2,3日は黒人を見るたび殺意が・・・・

どうしようもできないので、自分が変なことをしないようにChuecaには今後一切立ち入るのは控えておきましょう。

(自分に言い聞かせるw)

 

というわけで、私が盗難にあって行ったことをまとめてみました。

 

とりあえずクレジットカードと銀行のカードを停止

 

お財布に入っていたお金はもうしょうがない。

 

あげましょう。

 

しかし、銀行の口座からとられてしまうのが一番怖かったので、すぐに停止しました。

スペイン語で銀行に電話するのはなかなか勇気がいりましたが、友人の助けも借りて、なんとかスムーズに停止。

その際、口座の動きがあったか?と聞いたところ、一度だけお金をおろそうとした形跡があったが拒否された形跡があるとのこと。

 

まじ危なかった!!!

 

暗証番号がうまいこといっていたら、これからもスペイン生活はすべて終わりになるところでした。

 

そしてクレジットカード。

私は楽天カードとJRのViewカードを使っていたので、ホームページで海外対応の番号を探しすぐ止めてくれるよう要求したところすぐに行ってくれました。

Viewカードはカードの再発行をそのままの番号で行ってくれ、日本の自宅に再度カードを送ってくれるとのこと。

楽天のほうは対応が違うので、違う番号にかけてくれとのことでした。

とりあえず楽天の再発行は保留と。

どちらのカードも使われていなかったので一安心。

 

警察へ

 

身分証明書NIEも取られているため、何もできないので、何とかしてくれると思い警察へ。

 

警察で事情を話し、担当が車で待合室で5分ほど待機。

 

担当の方が来て中へ通され、ごみごみとした会社のオフィスみたいな場所でその警察の席で事情聴取。

 

んー事情聴取ではなかったですねあれは。

もはや世間話。

どこで盗まれたか

財布には何枚カードが入っていたか。

NIEの番号と携帯の番号

 

だけ。ほんとにそれだけw

犯人の特徴は?どんな財布?どんな色?何時に取られた?

とか何も聞かれなかった・・・

ほんとに盗難にあったの?よくあるよくある~みたいなノリでした。

衝撃でしたね。

あぁ~この国ほんとに治安悪かったんだなって改めて思いました。

犯人が見つかるとも財布が見つかるともさらさら思ってもいないし、むしろ探す気もないって感じ。

そもそもあの黒人に取られた時点で、大半が不法滞在者の黒人たちが捕まるわけもないのはわかっていましたが、まさかの対応。

盗難なんて自分が会うとは思っていなかったし、スペインでそういう現場に一度も出くわしたことがなく、ネットで治安はちょっと悪いといわれているけれど、実際1年スペインに住んで、そんな場面見たこともなかったので、実際住んでみないとわからないものだなぁと勝手に思い込んでいたので、

警察に行って目が覚めたというか、気づかされたというか。改めて安全管理もっと行うべきだと反面教師的に思いました。

しまいには、私の携帯のパエリアの画像を警察の方が見て、パエリアが好きか、バレンシアには行ったか?という話で盛り上がる始末w

数時間前にはすべて失った人に話す話じゃないだろとw

 

とまぁそんなこともあり、事情聴取のコピーをもらって、身分証明書見つかったら電話するわーと軽い感じで終了。

その間10分ほど。

犯人・現場の話は一切なし。

やれやれ、私はやはりスペインにいるんだと。

 

定期の再発行

マドリッドで月20€払えばどこにでも行ける定期のようなものがあるので、それも奪われたので、再発行。

一度行くと、事情聴取の紙を持ってこいとのことで、2度の訪問。

とりあえずパスポートも一応持参。

何やら再発行します見たいな紙に個人情報を書き込み、終了。

5分ほどで、カードが完成し、再発行のために6€がかかるとのこと。

金取るんかい!と思ったけど、以前のカードにチャージした分もそのまま繰り越して使えるとのことで、安心。

日本のSuicaと同じシステムのようで本当に良かった。

 

銀行で出金

 

銀行のカードがないのでATMでお金をおろすこともできないので

直接銀行に行って出金。何せ家賃が入っていたので、今月の家賃もまだ払えず、大家に待ってもらっている状態。

パスポートを持参して、すでに電話でカードは止めてもらっているので、新しいカードの申請とカードの到着までのお金を出金。

 

 

とりあえずそんな感じ。

これからNIEの更新やらいろいろ残っているので、その辺はこの記事に後日続きを。

 

皆様、慣れというものは怖いです。

いくら大丈夫だと思っていても、やつらは突然やってきます。

自分は大丈夫だと思っていても、楽しく時には気を引き締めて海外生活を楽しんでください。

自分のへの就職祝いで買ったLOWEの財布をまさか原産国スペインで盗難に会うとは夢にも思っていなかったです。

まじ落ち込む。

 

まとめ

今回盗難にあって学んだことは。

危機管理と友人の大切さです。

危機管理は上記で上げた通りの理由ですし、友達はやはり自分は一人で生きているわけではないということ。

若干私は一人になりたがる気質というか、もう誰とも会いたくない!ってなっちゃうわけのわからない人間なんですが、それでも常に心配してくれている人はいて、

国は違えど友達の大切さや助け合いの意識は世界共通なんだと思いました。

盗難にあったと告げるとすぐに迎えに来てくれて、てんぱっている私にやらなきゃいけないことをリストアップして警察にも連れて行ってくれ、銀行のカードができるまでのお金を貸してくれてと・・・・本当に頭が上がらないです。

その友人はスペイン人なんですが、何度もスペインで盗難にあったりしてたみたいで、私が盗難にあったのも、よくあるよくある~~と笑っていました。

なんだこいつwと思いましたが、私はまだ優しいほうで、彼らはナイフを突き付けられたりしたことがあったそうな。

笑ってはいましたが、目は心なしか悲しそうでした。

スペインで陽気にすごくということは彼らのように笑って過ごすことなのかなぁとか思ったり思わなかったり。

まぁ犯罪が蔓延しているのはよくないことですが。

今回の件で危機管理の大切さ、友人の大切さを学びました。

 

皆様も海外旅行・生活には泥棒には気を付けて楽しんでください。