適当に海外生活・スペイン

海外生活での日常を気長に書いていくブログ

スペインで仕事の見つけ方

f:id:ryo1192:20171023064238j:plain

こんにちは。

 

多くの方からツイッターで、スペインでの仕事のことについてのコメントやDMがあったので、そのことについて書いてみようと思います。

[https://twitter.com/pawnspanish/status/908055642258247680:embed#スペインは日本語ブームで、日本語教師が足りないみたい。労働ビザ用意してくれて、尚且つ現在のインターンも待ってくれるって事で、明日まさかの日本語教師の面接びっくりするぐらい今いい流れ

 

現在,

私はスペイン・マドリードで、基礎から1年間、Autonoma大学の外国人コースで勉強し終え、

午前中はインターンシップ生としてスペインの一般企業で働き

午後と夜は、日本語学校で70人近くのスペイン人の生徒を抱え、スペイン語で毎日楽しく授業をしています。

 

 

私がスペインで、仕事を見つけた方法や他の日本人で仕事をしている人から聞いた話を踏まえ

  1. 仕事の見つけ方
  2. ビザの問題
  3. 実際の労働状況

3つに分けて書きたいと思います。

 

 

まず、仕事の見つけ方ですが。

 

主に私たち日本人が仕事をスペインで見つける手段が

  1. 求人サイト
  2. フリーランス
  3. 日本企業からの斡旋
  4. コネ

 

のざっくり分けて4つになると思います。

 

1・求人サイト

 

スペインの求人サイト(リクルートや転職サイトみたいな)があるので、そこに無料登録し、あとはほとんど日本の求人サイトと同じです。

プロフィールを書いて、写真があればなお良し。

履歴書をネットからダウンロードし、記入しプロフィール欄にアップロード。

あとは、検索欄から、好きなワードで検索し、気に入った会社に連絡なり、履歴書を送る。

っていう流れです。

サイトはinfojobsというサイトが求人数が多い気がします。

https://www.infojobs.net/ofertas-trabajo/madrid

その他にも多くの求人サイトがあるので、

Oferta de trabajo en 〇〇←住むところ

とかで調べるとたくさん出てきます。

例。

oferta de trabajo en madrid - Buscar con Google

 

また、別で、日本人向けのスペインのサイトもあり、こちらで日本人同士のスペインの情報交換や日本に関連した、求人などが掲載されています。

スペインに滞在する日本人の多くがこちらのサイトを通して、仕事を見つけている場合が多いです。

私の同僚の日本人やスペインで知り合った日本人の多くが、こちらのサイトで見つけた。という人がほとんどでした。

エスハポン広場

多くの日本人向けの求人情報があるので、常にチェックしておくのがいいかと思います。

主に日本食レストランなどが多いです。

 

仕事内容の検索の仕方

 

私の経験も含めてお話しますと、

求人サイト内、日本人向けの求人だと

テレアポや日本食料理店、ガイド、チケットセンターなどが日本語・人向けの求人が多くありました。

実際、私のイタリア人の友人がコールセンターで働いており、

多くの日本人が働いているそうです。

 

また、マドリードには多くの日本人レストランがあり、日本食レストランのCamareroの求人がすぐに見つけられるほど多くあります。

検索欄で、Oferta de trabajo, japonés, restauranteのキーワードで簡単に見つけれるかと思います。

 

日本人に限った仕事でなくても、気に入った会社にいくらでも履歴書をワンクリックで送ることが出来るので、ジャンジャン送ってください。←ここ大事

 

なぜかというと、

 実際スペインには仕事はさほど多くありません。

 

求人者が大量にいる中、どうやって面接までこぎつけますか??

そう、履歴書の詐称と大量の履歴書をばら撒くこの二つです。(笑)

スペインではこれが一般的・・・?

 

日本じゃ考えられないですけど、履歴書には英語ネイティブ並みに話せますとやってきた人が、面接してみたら、全然話せない。とか普通です。

 

彼らスペイン人には普通で、まぁ詐称しちゃうよねーって面接官も思ってるみたいですが、

困った国ですw

 

ちなみに私が友人に履歴書をスペイン人に書いてもらうのを手伝ってもらう際に言われた言葉が

 

面接官は4秒しか君の履歴書見ないから、分かりやすく、簡単に書いて、誇張してね

 

でした。笑

さすがに嘘は書かず今働いていますが、4秒しか見ないというのは、上記で書いたように、大量の求人者が履歴書を送りまくるので、いちいち見ている暇などないってことです。

 

ちなみに履歴書は日本と同じように、ネット調べれば簡単に出てきます。

curriculum de trabajo

curriculo trabajo - Buscar con Google

などで調べると簡単にサンプルなどが出てくるので、ワードで自分で書くなり、参考にするなりできます。

https://www.dayjob.com/images/pic_graduate_financial_analyst_cv_example.jpg

 

2.フリーランス

 

これは書かなくても言わずもがなって感じですが、

スペインだけでなく、海外で多くのノマドワーカーが自由な生活をしています。

ブロガーだったり翻訳家だったり、アフィリエイターだったり。

ツイッターでそういう方たちを眺め,

私は、いいなぁと思うばかりです。。。

実際そういのはマメにやらないと(生活の為に)いけないので、見ていると忙しそう

ただ、実際、スペインでフリーランスとして働いている方にお会いしたことがありますが、

自由にできるという点と、ある程度スペイン語が話せれば、スペインの一般企業から日本語に関係した翻訳の仕事やネット関係の仕事を得ることも可能だそうです。

ただ、その場合は高いスペイン語のレベル・この後紹介するコネが必要になってきます。

なので、日本で、ブログ・アフィリ・フリーランスなどの仕事を安定させてからスペインで生活するのが無難なところです。

 

【ランサーズ】日本最大級のお仕事マッチングサイト!

 

 

3・日本企業から赴任

 

結果から言うと、ほぼほぼ皆無です。

スペインに進出している日本の企業・・・すごい少ないです。

一度お会いした日本人で、スペインに赴任してきた方は2人おり、一人は洋服の販売店の方、もう一人はお好み焼き屋さんでした。

 

日本の衣類業界はスペインに参入傾向が現在あり、バルセロナではUNIQLOが出店、ここマドリードで出店されるんではないか、と期待されているほどです。

ただ、今現在では本当に少なく、レストラン・衣類店はまだまだ可能性があるかなと。スペインに支店を持っている会社を探してみるのも一つの手です。

 

 

4.コネ

正直、このテーマは余談ですので、興味ない方は飛ばしてください 

 

これがスペインでは一番大事になります。

何度もツイッターでつぶやいているんですが、コネなくして仕事はスペインではできないです。

スペインで日本人が働いているほとんどがコネです。

求人は出すけれど、結局身内から雇ったとか、知り合いを雇ったとかざらです。

 

日本と違うのは、

ここスペインはレストラン・バルなどで知り合って、意気投合して雇ってもらった。または知り合いの会社を紹介してくれた。

など、人の結びつきが非常に強い文化の国です。

 

私の場合、

仲良くしているスペイン人の友人から突然、

日本人教師探している人いるんだけど働きたいなら連絡先教えるよー

と連絡がきて、

後日その人と電話で面接(この人と会ったこともない)

インターンしているのと学生ビザであると伝えると条件に合わないやー

でも、その条件で雇いたい人知ってるから、連絡先教えとく!

 

と言われ、後日その人から連絡が来て、面接、現在の日本語学校で働くという、日本じゃ考えられない流れです。

 

他の方の話を聞く感じでも、ほとんどの現地採用の日本人は同じような感じみたいで、

コネがすべてって感じです。

ある程度、スペイン語が上達しそろそろ働きたいな。と思ったら周りの友人に就活中という事を伝えるのが、とても重要に感じます。

 

また、個人的な意見ですが、

この大事なコネですが、正直なところ、学生の身分には厳しい部分だなと思いました。

 

というのも、まずスペインでスペイン語を学ぶ人が多いかと思います。

必然的に学生の身分の友達が多くなります。

そういう人たちからどうやって、仕事の情報を得るんでしょうか・・・・

 

そして私が一番嫌う日本人同士でいつも行動するパターンなんてなおさらです。

(もちろん日本人同士がいることを否定しているのではなく、勉強もせず毎日日本語でスペインを観光している学生たち。遊学と言われる行為)

 

学校とは無縁のところに顔を出すようにすることで友人・人脈が増え、チャンスも増えるかと思います。

日本でもビジネスの点においてはここは変わらないと思います。スペインがちょっと強いだけ。

私が行ったのは

積極的に、言語交流に顔を出したり

ギターやボルダリングなどの趣味があるので、そこから友人を作ったり

学校とは違う世界の人たち、さらに言えば日本語に携わったことがない人達に出会うことが重要に私は思います。

ちょっと気が引けるかもしれませんが、Tinderを使って友達を作るのもアリですし、クラブでナンパする・されて友達を作るのもありです。日本とは違いスペインではクラブは友達を作る場という認識が強い気がします。(あとナンパ目的も多し)

 

そして、これはズルいわ・・・

と思ったのは、仕事がない。仕事がない。と言われているスペインなんですが、

少ない仕事を身内・知り合いで回しているという点。

いかにしてここに入り込むかという点。

 

考えた結果、私の現在のインターンにつながります。

仕事をしていて、うちに来ない?とか会社紹介するよ?とか普通にあります。私が特殊なのかもしれませんが。

社会人同士で仕事のやり取りをしているので、ここにポンと出の学生が入り込むことはまず難しいと感じました。

 

日本の大学みたいな印象が一番に思いつきました。

入るのは難しいけど、一度入ったら遊んでても単位を取ってれば卒業できる。

みたいな状況に近いです。

まず仕事を見つけるのは難しいけど、仕事をしてしまえば、その経験・現在のステータスで次の仕事は何とでもなる(もちろん他の人との交流をもっている場合ですが。)

 

なので、コネを作る・仕事を手に入れる手段の一つとして、

インターンシップをし、ステータスを作りながら、人脈を作る。です。

また、このインターンシップを見つけるのもまたコネで何とかなったりするのが、スペインの奥深いところなんですが・・・(経験談

 

余談がちょいと長くなりましたが、皆さんのスペインでの仕事につながるチャンスが見つかればと思いこの記事を書いてみました。

質問等があれば、気軽にコメントやツイッターのほうにでも♪