適当にスペイン生活

スペインでの日常を気長に書いていくブログ

動物の名前スペイン語でなんていうの?~鳥編~

こんにちは

 

先日動物園に行って来たので、

写真と一緒にスペイン語の動物の名前をまとめて見ました。

 

spain.hatenadiary.jp

 

動物の分類ごとにまとめようと思ったんですが、なかなかわからなくて、お前何類だよ!!っていうのが多くて、適当な感じでまとめてみましたw

Gallina(ガジーナ)・雌鶏

f:id:ryo1192:20170627043448j:plain

※ちなみにオスはGallo(ガジョ)・雄鶏

 

Pavo七面鳥

f:id:ryo1192:20170627051627j:plain

スペイン語でPavo de edad(パボデエダッド)というフレーズがあるんですが、直訳すると七面鳥の年齢ですが、思春期を意味します。

恥ずかしいがりの思春期は七面鳥のように顔を赤くすることからきているみたいです。

Pavo real(パボレアル)・クジャク

f:id:ryo1192:20170627043721j:plain

 

Pato(パト)・鴨/アヒル

f:id:ryo1192:20170627045142j:plain

f:id:ryo1192:20170627044524j:plain

Tarro(タッロ)・ツクシガモ

f:id:ryo1192:20170627044923j:plain

PavoもPatoも見分けが付かないので、写真に困りました・・・

Búho/lechuz(ブホ/レチュス)・フクロウ

f:id:ryo1192:20170627045619j:plain

ハリーポッターでおなじみのフクロウ。

日本語のように~フクロウとはスペイン語では呼ばず、種類によって全く違う名前を持っているので、総称してBohuと呼びます。

Flamingo(フラミンゴ)・フラミンゴ

f:id:ryo1192:20170627045700j:plain

 

Pelícano(ペリカノ)・ペリカン

f:id:ryo1192:20170627045908j:plain

 

Avestruz(アベストルス)・ダチョウ

f:id:ryo1192:20170627050916j:plain

 

loro(ロロ)・オウム

f:id:ryo1192:20170627051019j:plain

ロロ・ろろですが、英語はもちろんのことスペイン語もRとLの発音が異なるので、よく練習に使われる単語です。

Casuario(カスアリオ)・ヒクイドリ

f:id:ryo1192:20170627051041j:plain

オーストラリア周辺の島に生息していて世界一危険な鳥として有名

Emú(エミュ)・エミュ

f:id:ryo1192:20170627051046j:plain

オーストラリア全土に生息していてダチョウの次に大きく、オーストラリアの国鳥として認められている鳥です.

ただ、雑食でなんでも食べるので、現地の人から厄介者とされているなんとも悲しい鳥さん。

Pingüino(ピングゥイノ)・ペンギン

f:id:ryo1192:20170627051102j:plain

 

 

Paloma(パロマ)・鳩

f:id:ryo1192:20170627051317j:plain

おなじみの鳩

Gorrión(ゴリノ)・スズメ

f:id:ryo1192:20170627051602j:plain

こちらもお馴染み

 

Buitre(ブイトレ)・ハゲワシ

f:id:ryo1192:20170627051416j:plain

チベットで鳥葬として有名な鳥で、腐肉食。

見るだけで怖い。。。

 学生時代メタルギア3をプレイしていて、ひたすら死体をこのハゲワシが食べてるシーンを見て、戦慄したのを覚えています。

若干そのせいもあってか怖かったんでしょうかね・・・

 

次は陸の小動物達

次回へ続く

 

spain.hatenadiary.jp