適当にスペイン生活

スペインでの日常を気長に書いていくブログ

2017年スペイン・ワーキングホリデービザ申請に必要な書類と不安な点。

こんにちは(@pawnspanish)

 

スペインもとうとうワーキングホリデーが始まり、2週間が経ちました。

続々とワーキングホリデーに関する資料集めをしてる方が増えてきて、今年からスペインにも日本人が増えてくるのかとわくわくしている私ですw

 

ワーキングホリデーに関する必要書類が普通のビザを取るための必要書類と若干異なっていたので、まとめてみました。

どうぞ♪

 

ワーキングホリデーとは

 

希望者に対して、入国の日から最長一年間スペインでの滞在が許可されます。滞在目的は主として休暇を過ごすためとなりますが、旅行資金を補うために必要な限りにおいて,スペインの法令に従って、就労することが認められます。

 

参照 ワーキング・ホリデービザ

 

申請条件

 

  •  日本国籍を所有し、かつ日本に在住していること。
  • ワーキング・ホリデー査証申請時の年齢が十八歳以上、三十歳以下であること。
  • 被扶養者を同伴しないこと。
  •  有効な旅券を所持すること。
  •  帰国のための切符、又はそのような切符を購入するための十分な資金を所持すること。
  • 受入国スペインにおける滞在の当初三箇月間に生計を維持するための月毎最低€532.51、合計€1,597.53に相当する資金を所持すること。
  •  以前にワーキング・ホリデー査証の発給を当該締約国政府から受けていないこと。
  •  健康であることが医療診断書により確認されること。
  • 犯罪経歴を有しないことを申告すること

 

上記の9つが申請するための条件

 

要約して必要な書類は

  1. パスポート
  2. 住民票
  3. スペインへの往復旅券
  4. 銀行の残高証明
  5. 健康診断書
  6. 無犯罪証明書

 

の6つだけ!!

超簡単じゃないですか!!

 

  1. 残高証明書→銀行
  2. 無犯罪証明書・住民票・パスポート→警察・市役所
  3. 旅行券→ネット
  4. 健康診断書→病院

 

以上です。無犯罪証明書で指紋を撮って、必要書類の受け取りまで1週間かかるので、その間にぶらぶらっと取りに行けば終わり。

羨ましいwww

 

 

spain.hatenadiary.jp

 

で、スペイン着いたら、警察署行ってNIEもらって終わり。

 

外務省が公式にYoutubeに動画を上げていたので参考にどうぞ♪

 

 

私個人の不安な点

ワーキングホリデーは素晴らしい機会を与えてくれる一方で、若干不安な点もいくつか。

 

ワーキングホリデーは一年だけで、延長もできないとのことなので、やることを決めておかないとあっという間に終わってしまうっていうのがデメリットが一つ。

 

だからと言って、延長が可能な長期ビザを取るのもまた時間がかかる

というのも

一方、短期・長期ビザの取得の際は、上記に加えて

  1. 学校の手配
  2. どこに住むかという証明書
  3. 保険

を出さない限りビザは下りないです。

 

spain.hatenadiary.jp

 

 

という事は最低限のお金でスペインまでは行けてしまうってこと?!

長期短期のビザは学校の手配料など払わないといけない一方で、

ワーキングホリデービザは旅券と健康診断のお金だけでビザが下りるってことか・・・

 

保険も学校も決めないでワーホリだから、現地で仕事見つけてからでいいや!って人増えると思う・・・

 

 私が言いたいことは、

 

スペインには仕事はないよ!!

 

ここはオーストラリアじゃないよ

 

私の家(スペインの中心街)の前にはいつもホームレスがいるし、

今日からホームレスになりましたって家族がたくさんいるよ

 

アフリカ・中東からの移民達が逃げてきたものの仕事がないから、やむを得ず時給200円で一日中働かされている国だよ。

 

こういった労働状況・経済状況を知らないで、闘牛・パエリア!!とか言いながらスペインに来て、現状を見て文句垂れるひとが少なからず増えると私は思う。

 

これからワーホリをする人、絶対に学校と住む場所を決めてから渡航してほしい。

 

 

勉強をしたいから!文化を知りたい人には本当に素晴らしい機会だと思う。

けど、オーストラリアのワーホリ感覚で来ると痛い目みるから、勉強をメインで仕事出来たらいいな♪ぐらいの意気込みでいてほしいというのが私の切なる願いw

 

それにスペインで仕事があるという甘い考えで来てほしくない。仕事はない。

あっても日本食レストランぐらい。

 

ただ逆に言えば、日本食レストランなら働ける確率があると。

 

そんな私の願いでした。

よいワーキングホリデーを♪