適当にスペイン生活

スペインでの日常を気長に書いていくブログ

サラマンカに行ってきました。サラマンカの魅力編②

こんにちは!

 

f:id:ryo1192:20170531084717j:plain

 

世界遺産に登録されている都市サラマンカに行ってきました。

前回の記事の続きになります。

 

spain.hatenadiary.jp

 

前回はサラマンカへの行き方をメインに書きましたが、今回は建築物などの写真をメインに上げたいと思います。

 

 プラサマヨール Plaza mayor

f:id:ryo1192:20170601113710j:plain

 

サラマンカの中心部に位置し、写真に写っている部分が正面になり、全体像としては、広場を囲むように長方形のような形をしています。

1756年に建築家Alberto de Churrigueraによって作られ、当初はサンマルティン広場として認知されており、徐々に大きくなるにつれ名前が変わっていきました。

大きさは6400㎡で大体東京ドーム1個分の大きさ!!

綺麗な長方形の形をしておらず、若干曲がった形をしており、大きい部分の面が82,60m、小さい面は75,69m

サラマンカのプラサマヨール内には多くの飲食店・バルが集結しており、プラサマヨールを一望しながら食事をできるとのことで、常に多くの観光客でにぎわっています。

また、写真は正面の部分ですが、正面部分は市役所となっており、サラマンカの経済活動の中心ともなっており、大きな役割を果たしている建築物でもあります。

 

現地に住んでいる人達の待ち合わせ場所もここプラサマヨールになり、私の何度か友達とプラサマヨールの時計の下に待ち合わせしました!

懐かしき場所です。

 

サラマンカ大学

 

以前の記事にも書いたように、スペイン最古の大学がサラマンカにあります。

多くの日本の大学生がこぞって短期留学や長期留学にサラマンカに訪れている大学です。

オックスフォード大学ケンブリッジ大学に並ぶヨーロッパ最古の大学で、昔の言葉で、知識を欲するものはサラマンカへ行け。といわれるぐらい権威のある大学です。

多くの外国人留学生がここで勉強しています。

日本の大阪工業大学駿河台大学と提携していることでも有名です。

 

こちらが大学前の門になります。

f:id:ryo1192:20170612115107j:plain

1218年にレオン王国のアルフォンソ9世に設立されました。

こちらの正面の門の装飾にはカエルの像・リーフがあり、それを見たものは学業成就するといわれています。なので、常に多くの観光客が門の前で見上げている光景が日常化されています(笑)

私は4年前に見つけましたが、今回の旅行で見つけることができませんでした。。。

 

サラマンカ大学内部

f:id:ryo1192:20170612115114j:plain

なにをコンセプトとしているかわからない像が歓迎してくれます。

 

全体的におしゃれな大学なんですが、勉強するキャンパスはほかの建物になり、勉強していてここに来ることはほとんどないです。

せいぜい最初の一回目の授業か説明会の時ぐらいです。

語学留学コースがサラマンカ大学にあるので、その登録の際にここに訪れ、オフィスに訪れるぐらいです。

というか、ここにはそのオフィスしかないです。(笑)

ほんと謎の広場です。

 

f:id:ryo1192:20170612115118j:plain

ここが登録する際のオフィスです。

登録説明会の時には外国人でごった返します。

 

 

カテドラル

 

サラマンカの中で一番迫力のある建物です。

新旧のカテドラルがあるので、どちらも有料ですが入場可能なので、一度は行ってみることをお勧めします。

内部は撮影禁止ですが、目に焼き付くこと間違いなしです。

 

旧カテドラル

別名サンタマリアカテドラル

Jerónimo de Perigordによって12世紀から14世紀にかけて建設されロマネスク様式・ゴティック様式などを取り入れられています。

f:id:ryo1192:20170612120641j:plain

f:id:ryo1192:20170612120831j:plain

 

新カテドラル

f:id:ryo1192:20170612122749j:plain

聖母被昇天大聖堂という名前ですが、旧カテドラルの次にできたので新カテドラルと呼ばれています。16世紀から18世紀にかけて作られました。司教区の本部になり、後期ゴシック・ルネッサンスバロック様式などの多くの建築様式が混ざった建築物になります。93mもありスペインで大きな建物の一つになります。

 

 ローマ橋

f:id:ryo1192:20170612120751j:plain

 中心部からだいぶ離れますが、ここからの旧市街の街並みを見渡せるおススメポイントとなっています。

サムネの写真もローマ橋を渡ったところから撮影しました。訪れる際には必ず写真を撮りに行ってほしい場所です。

 

f:id:ryo1192:20170612124211j:plain

曇っていると全然迫力ないので、晴れている日にぜひ♪

 

貝の家Casa de Conches

f:id:ryo1192:20170612124245j:plain

1517年に建設されたゴティック様式の建物

壁一面に貝殻が張られているちょっと奇妙な装飾。その数300個!!

当時の建築様式に用いられてたデコレーションだそうです。

当時は監獄のように使われておりましたが、1929年には国際建築物として扱われ、1993年以降は公民図書館として使用され、税金などの支払いに充てられています。

f:id:ryo1192:20170612124413j:plain天気が良ければ中にはから目の前のコンプルテンセ大学を見ることもできます。

 

f:id:ryo1192:20170612125611j:plain

中庭には井戸のようなものがあり、子供たちがはしゃいでいたのでパシャリ♪

何ともほほえましい光景でした。

 

サンエステバン修道院 Convento de San Esteban

f:id:ryo1192:20170612130058j:plain

17世紀18世紀に建設されたバロック様式の建物

かつてコロンブスサラマンカ大学天文学を学ぶために滞在したといわれている場所でもあります。

 

汽車

f:id:ryo1192:20170612124214j:plain

f:id:ryo1192:20170612124216j:plain

 

ちょっとしたアトラクションにはなりますが、サラマンカの町を電車?汽車?に乗って回ることができます。

時間の余裕のあるかたは観光スポットをゆっくり汽車に乗って回ることができるのでおススメです。

 

まとめ

 

サラマンカは町全体が世界遺産に登録されているので、観光はもちろんですが、留学の際には毎日素敵な街並みに囲まれて勉強することができます。

週末にはバスで3時間ほど行けばマドリードに行けますので、素敵な環境で勉強をしたい方にお勧めです。