適当にスペイン生活

スペインでの日常を気長に書いていくブログ

日本人の時間の使い方と考え方。

こんにちは。

スペインに住んで早1年。

短い期間ではありますが、スペイン人と日本人の性格的違いが分かってきたような~気がw

今回日本に帰る機会があり、いろんな方に連絡を取った際に、思ったことや、え?なんで??ということがあり、スペインの友人たちと全く違う点があったので、考えてみました。

 

 

常に忙しいと思ってる。

私が帰国して一番思ったのがこれ。

 

仕事やら学校で忙しいとは思うのですが、せっかく帰国するので仲のいい友人に会えるか連絡したところ、ほとんどが、忙しい。との返答。

ほんとに忙しいか私が嫌われているかのどっちかでしょうかw

 

忙しい。

 

ほんとに忙しいの?

 

極端に言えば24時間忙しくて5分10分もあなたに割く時間はありません。と言っているようなもの。

 

スペインの友人たちは忙しいけど5分10分なら仕事の合間にか顔合わせることができるよ♪

と返答してきます。

日本人の返し方をスペインで使うと、

本当に24時間忙しくて5分10分もあなたに割く時間はありません。

 

私がスペインに行く学生のころからこれはずっと思っていたテーマなんですが、なぜ忙しいから会えないと思うんでしょうか。

 

それは時間の考え方が極端すぎるからだと思う。

日本人は全体的に一つのことしか考えられない傾向があると思い、

仕事がある日は仕事のことだけ。休みは休み。

のONとOFFがはっきりしている。

 

仕事が終わった後、スペイン人は何を食べるか、誰と会うかを考えているのに対し

日本人は次の日の仕事を考えているように感じます。

明日仕事だから、休まないと。早く帰らないと。

もちろん素晴らしことだし、みんなが次の日の仕事のことを考えていると思いますが、あまりに極端に考えすぎなんじゃないかなぁと思う。

 

また、思うのが、

誰に会う。っていうことよりも、誰と時間を共有したかを重要視している気がする。

会うことなんて電車なか、駅、家の近く。場所なんてどうとでもなるのに、その人とどのくらい時間を過ごしたかを重要視している気がする。

もちろん友人の中には、せっかく帰国したから顔だけでも!と言ってくれる人もいる。

また、せっかく会うんだから話聞きたいし、仕事がない時がいいなという友人もいる。

両方ともありがたいし、大切にしたいが、どこかもやもやする。

 

私は時間よりも会うことに重きを置いているので、学生のころからずっともやもやしている。

 

必然的に同じ考えの友人が集まるし、その人たちを大切にしているのだが、どうしてももやもやしてしまいます。

 

そんな帰国してもやもやした話。