読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

適当にスペイン生活

スペインでの日常を気長に書いていくブログ

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックスを見てきました

こんにちはスペインでは映画がとにかく安い!!

大体6€程で見れるし、なんかのイベントの日には4€になりますし、日本でなんであんなに高いお金を払っているのが謎なぐらいこっちでは安いです。

 

今回私の大好きなMarvel映画ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの第二弾がやると映画がすべて2.8€になるイベントと重なるとのことで、見に行ってきました!!

安い分ポップコーンを買い、ジュースを買い、いざ映画館へ!!

f:id:ryo1192:20170512022021j:plain

 

 

結果から言うと・・・

全然わからない。・・・・

字幕派の私はオリジナルの英語でスペイン語字幕。

スペイン語も英語もそこまで上手ではないので、何言ってるのかわからない・・・

他の人がめちゃくちゃ笑ってるけど意味が全然分からないという緊急事態。

 

大体はわかるが、うーんなぜそこで笑う?というシーンが何度もあったんですが、

映画終わると、なるほど!と。

めちゃくちゃ笑っていた人達、英語圏の人達でした。

アメリカ映画ならでは文化的背景やいろんな背景を題材にしたジョークが繰り広げていたので、彼らはきっと笑っていたんでしょう、きっと・・・

でもいいなぁとほんとに思います。

以前の記事でも紹介しましたが、その国で話されている文化や習慣を知らないとその言語での冗談が通じないというもの。

 

 

spain.hatenadiary.jp

 

きっとそういうシーンが多く含まれていたんでしょう。

そりゃ一緒に行ったスペイン人の友達も笑ってないわけだ。それか理解していないか・・・

 

理解できなかったと書きましたが、大体は理解できましたし、全体的に面白い映画でした。早く日本に帰ったら、再度日本語バージョンで見たいと思います。

 

終始グルートが可愛くて戦いのシーンも和まさられるような。

ああああかわいいいいいい

 

ちなみに

スペインでは日本語と同じように英語をスペイン語に言い換えちゃう文化があるので、Marvel(マーベル)をマルベルと呼んでいます。

スパイダーマンエスピルデルメン

ソー     ⇒スォー

アイアンマン ⇒アイロンマン

 

言い出したらキリがないですが、スペイン語でマーベル映画の話をする際には上記のようにアルファベット読みに変換して使ってみてください。

 

予告で今回のストーリーを前もって知ることができましたが、まぁ予告通りって感じでした。それでも面白く、とにかくグルートが可愛い♪

 

今回ももちろんMarvel映画ならではのクレジット後の次回予告やその後が流されていました。

やっぱりスペインでもそのことを知らないで帰る人達いました。あーーあーーーって気持ちで見てましたね私は。

 

はやく、日本に帰って見直したい!!

そして、Thor3やスパイダーマンホームカミングも楽しみですね♪