適当にスペイン生活

スペインでの日常を気長に書いていくブログ

バーでカタツムリ先生を食べてみた

こんにちは!

 

※閲覧注意

 

先日お気に入りのバーで友達と食事をしていたんですが、休日の午前中ということもあってバーには食事(タパス)がほとんどなく定番のトルティーヤチュロスしかなかったので、コーヒーとトルティーヤをいただいていたところ

ちょうど料理を出し始めた時だったみたいで、いくつか大皿がカウンターに運ばれてきました。

 

あーなんか頼んで、食べようかーとのほほんと友達と話していたところ

 

あれ、なにあれ・・・・

よく見ると

カタツムリ先生の山!!

f:id:ryo1192:20170212111419j:plain

 

あぁあれは食べたくないなぁと思っていたところ

 

 

 

まさかの友達の一言!

 

 

 

 

 

 

カタツムリを食べよう!!

f:id:ryo1192:20170212110522j:plain

 

 

 

え??はい??

 

 

 

カタツムリを食べよう!

f:id:ryo1192:20170212110514j:plain

 

 

はい??

まさかの好奇心に恐れいります。

 

そんな会話をしているとスペイン人に交じってアジア人2人が目立つのも当たり前

気を利かせた店員が

 

食べるかい??ちょっと食べてみてうまかったら注文してよ!!無料でいいよ!!

 

 

おー優しい♪

男前!!!!

 

 

じゃないよ!(笑)いやいや有難迷惑だわ!!

 

そんなこんなで一皿に軽く盛られたカタツムリ先生たちとご対面。

デミグラスソースのようなケッチャプベースかな?衝撃過ぎて覚えてません・・・

に絡められたカタツムリたち。

調理される前は公園のコンクリを食べてたのかと思うと考え深いです。

まさか、この後サルサに絡められるとは思ってもいなかったろうに。

 

運ばれてきたけど、まずどうやって食べるのよ・・・って感じでしたけど

店員が上手にレクチャーしてくれました。

まず爪楊枝でぶっ刺し、ひねり出して、食べる!!それだけ。

うん!!シンプル!!

 

と思ったのもつかのま。

この後地獄を見る羽目に・・・

その二に続く

 

spain.hatenadiary.jp

 

マリファナとスペイン。NO薬物ゼッタイ!!

こんにちは

 

ちょっと過激な記事を書いてみようかと思いますが、決して大麻マリファナを推奨するわけでも、肯定するために書くわけではありませんので、ご了承ください。

むしろ私は大麻マリファナを軽蔑していますので、気を悪くなさらずにお願いします。

 

それなのになぜこの記事を書こうかと思ったかというと、スペインに遊びに来た友人が大麻マリファナ目的で遊びに来たので、まぁ一つの面白い経験として残しておこうと思ったからです。

 

日本では重く罰せられるマリファナ

まず、マリファナはスペインでは違法か合法かというところからだと思うんですが、

まぁ若干グレーなゾーンであることには間違いないです。

一応所持・使用には合法ではあるもののマリファナの購入が禁止されているみたいです。その辺の詳しいことは各自調べてみてください。

 

実際、家で友達たちと飲んだりするときにスペイン人の女の子が大量の大麻マリファナを持ち込んでたばこのように包んで吸っていました。

そんなのは彼らにとっては日常茶飯事ですし、簡単に入手できてしまうのも事実。

よく話すのが、質問して飲むゲームの中で、

今までマリファナ吸ったことある人ー??

みたいな質問が友達の中で出るのが当たり前なぐらいマリファナはスペインでは一般化しています。

 

そこで、どうやって彼らは手に入れているのかというと

手に入れるには売人から買ったり、スペインには大麻クラブなるものが存在するそうで、そこの会員になって店内で大麻を吸えるそうです。

私は言語交流で知り合った日本人の男の子一人がそこの会員だそうで、よく友達と訪れているみたいです。

その会員のなり方は知りませんし、知りたくもないですが、調べてみると会員のなり方などのサイトがあるみたいです。

 

また、売人に買う方法ですが、レティーロという大きな公園で黒人が一日中たむろっているんですが、彼らが売人です。

目が合うとたばこのジェスチャーをしてきて

マリワナ、マリワナと交渉してきます。

事実その現場に私は出くわし、友達が購入していたので、

大麻否定派の私としては、あぁクズだな。と思ったのはほかでもありません。

まぁそういこともありその友達とは今はいい関係を保てはいませんがw

そしてその公園内で巡回している大量の警察官・・・全く取り締まらないというw

黒人イコール売人〈偏見かな〉なのに、見て見ぬふりという。この国w

こんな話を聞いたことがあります。

売人から大麻を買おうとしていたところ、巡回中の警察官がやってきて

大麻の購入は犯罪だから、これやるよ!

と、押収したものなのか所持していたものなのかわかりませんが、大麻マリファナ)をもらったという話。

また上記に挙げた大麻クラブに普通に警察官も会員で、吸っているという話。

 

合法ではあるものの、やっぱりグレーな部分を持っていて、

法律的にというよりも倫理観が重視されるトピックだと思います。

 

なぜ、大麻を肯定する人はみんな馬鹿みたいに口をそろえて、購入はダメだけど使用は問題ないから!!って必死に説明するんでしょうね。

そして、その次は必ず、酒・たばこの方が中毒性があるから!大麻は中毒性はなくいつでもやめれるから!

と。そう必死に説明してる時点で中毒じゃんとw

また、たばこよりも発がん性を多く含み、青少年が摂取したときの依存率の高さ、酒のような効果をもつのにその効果を無視し運転をし、事故を発生させる危険性など

たばこも酒もそうですが・・・多くの危険性があるのを無視している気がします。

まぁ事実、酒たばこよりかは中毒性がないにしても倫理観の問題を除き、大麻が合法化されれば雇用の増加、薬としての効果、大麻暴力団犯罪の減少などが見込めるのは間違いないです。

 

ただ、私個人としては、キメようぜ!!とか言ってマリファナに手を出している人を見ると軽蔑してしまいます。

この考えはお酒はもちろん合法!!だから酔ってもしょうがない。という偏見・固定概念があるからだと思います。

しかし、禁止されているものにわざわざ手をだして、必死こいて大丈夫だから!!と言い訳してる人たちを滑稽に思ってしまうからかもしれませんね。

たばこも嫌っている私だからかもしれませんが、煙をだしてほかの人にも迷惑をかけているのがわからない人たちに何を言っても理解してもらえるわけがありませんが、これを見ている方でマリファナに手を出そうと思っているかた・・・やめましょう

テンションが上がるかぼーっとするだけです。だったらお酒で我慢!!

断固否定のちょっとした愚痴。失礼しました。

 

スペインのカップル事情

こんにちは!

 

日本のラブホテルが今世界中では取り上げられていて、

テレビでもネットでも日本のラブホテル事情で盛り上がってますよね!

人を呼び込もうと面白い作りになっていたり、いろんなものがおいてあったりと多くのバリエーションがあるのが魅力的なラブホテルw

 

スペインにもラブホテルあるの??どこでするの??って疑問を友人たちにぶつけてみました。

続きを読む

引っ越し決定!!しかし罰金の支払い。スペインの法律

こんにちは!

 

私はスペインで一人暮らしをしているんですが、なかなかの出来の悪い家で、大家さんも親切なんですが、大家としての素質があまりない感じなんですよねw

 

スペインに来たときは選択肢がなかったので、いくら住む条件が悪くても住ませてくれる大家がいれば何でもいいって感じでやっとのことで見つけ住むことが出来ました。

本当は残高証明書、収入証明書、在留カード、銀行口座などが必要なんですが

 

spain.hatenadiary.jp

 

すべてない状態のパスポート一つで住まわせいてくれたのはとても感謝しています。

家賃の支払い・光熱費の支払いもすべて大家の口座に送金して支払いをしてくれたのは優しいなぁ(と、思ってましたが、請求書を見てないから若干ぼられていたんではないかと疑い・・・)

まぁ今はすべての生活条件が整ったので、落ち着いて考えるといろいろ問題がありすぎて・・・

家にいるのにジャケット来てるとか、テレビがないとか(アンテナが壊れている)壁に穴が開いているとか、壁が腐り始めたとか・・・

数え出すとキリがないですがw

しかし契約は1年の契約。

まだ住んで4か月なので、契約上引っ越しは不可能だと思っていました。

しかし、スペイン人の友達がスペインの居住についての法律を調べ弁護士も調べてくれたおかげで、引っ越しが可能になりました。

 

スペインで契約上引っ越しできないよぉ(´;ω;`)って方も参考にしていただければと思います。

こちらのスペイン公式サイトによると

BOE.es - Documento consolidado BOE-A-1994-26003

6か月以内に退去したい場合は1か月前に申し出れば退居ができる。

半年を超えている場合は不可能とのこと。

また、この記載が契約書にない場合はその契約書は無効となるとのこと。

そして契約年数前の解約は罰金は一か月の家賃の半額を罰金として払う必要があるとのこと。

うまく翻訳できないですが、こんな感じ。

私の契約書には記載がないし、契約期間内に解約した場合は違約金を払うって記載もない!

なので、引っ越しができる!!

家を探す必要もあるので3月に退去するとして、入居時に保証金を一か月分払っているので、家賃と相殺して、罰金だけ払えば完璧!

後は、これを大家と交渉するだけ!

 

 

電話で交渉した結果、

 

最初はだだこねてましたが、感謝の気持ちと生活するうえで、条件がちょっと悪いと丁寧に伝えたらわかってくれました。

罰金の件は法律も踏まえ何度も説明してやっと理解してくれました。

罰金と家賃の相殺を全然理解してくれなくて苦労しましたが・・・w

危うい。。。。

友達には引っ越すから!!って伝えるだけでいいといわれましたが、少なからずお世話になったので丁寧にと思って伝えましたが、やはり若干無理やりというか強気で言うのが効果的でした。

 

友達がいうには、日本とは違ってスペインの大家さんはお金のことしか考えていない

とのこと。

そりゃみんなそうだろって思うけど、スペインでは大家とは冷たい関係が一番みたいなんだって。そうすればことがうまくいくって

なんか悲しいなぁーとは思うけど、やっぱりお金に余裕のある国の人とスペインみたいにきつきつの生活をしてるととらえ方はやっぱり違うんだなぁと。

スペインで何が一番お金かかるかというと家賃だもの。

 

そんなこんなで引っ越しが決定したので、家具をどうするかと、次の家をどうするのかを考えないと・・・

進展があったらまた書こうと思います。

 

機内を快適に過ごすアイテム5点と服装

こんにちは!

 

私はよくスペインと日本を行ったり来たりしているので、毎度17時間のフライト時間には悩まされます。

できるだけ快適に疲れがたまらないようにと機内でうまく過ごせるアイテムを自分なりに見つけてきましたので、ご紹介したいと思います。

 

バックパッカーで旅行する際には全く持ち物が変わると思うので、今回は旅行などで、預け荷物があると考えた持ち物5点です。

 

1.枕

こちらは結構な人が飛行機内にあるし大丈夫でしょ!と一番軽く見るアイテムです。

寝なくても意外とあるだけで首の負担が軽減されます。常に座っている姿勢になりますし、隣に知らない人がいる場合、寄りかかることもできず辛い思いをします。

肩に乗せて少しでも頭を休めるだけで、到着した時の疲れ具合もだいぶ違います。

そのため一番にしました。

私のおすすめは無印良品の旅行ゾーンの枕です。かさばって邪魔だと思いますが、一番重きを置かないといけないアイテムだと思っているので、だいぶスペースを取りますが、愛用しています。

以前までは100円ショップで買った空気で膨らますタイプを使っていましたが、空気の出し入れを繰り返すのですぐにダメになってしまいますし、首に当たる部分にビラビラしてる謎のやつがついているので、質が悪いのだと痛くて使ってられません。

そのためだいぶ邪魔ですが、クッションタイプのを使っています。

www.muji.net

探したらありました!店頭でも売ってるので手に取って考えてみることをお勧めしますよ。なにせかさばりますからね・・・

 

2.フットレスト

意外と知られてない便利アイテム!

私も最近まで知らなかったんですが、友人が誕生日プレゼントにくれて愛用しています。

使い方としては座席のテーブルに根本に紐を通して、テーブルからぶら下げて使います。

もちろん強く足を乗せると前の人の席がガクンと倒れてしまうので、足を乗せるにはゆっくりと!

エコノミー症候群とはWikiにもあるように

静脈血栓塞栓症 - Wikipedia

長時間同じ姿勢でいると、ひざの裏に血栓ができてしまい、軽い症状から心臓発作まで引き起こしてしまう、意外としっかりと対策をしておかなければいけないものなのです。

そのため、ヨーロッパなど行く長距離フライトでは必要不可欠と言っても過言ではないと思います。

また、エコノミー症候群の原因は同じ姿勢なのと乾燥が原因と考えられているので、

水をこまめに取るのも忘れずに!

 

3.時計(時間調節が可能なもの。またはワールドタイムがあるもの)

 

以前の記事でも書かせていただきましたが、飛行機の到着時刻は現地時間で表示しているので、飛行機に乗ったらすぐに現地の時計に合わせてフライト楽しむ事をお勧めします。

なぜかというと、モニターがある飛行機であればいいんですが、

ない場合、機内に時計はありませんし、アイフォンなどのワールドタイムが入ってるものであればこまめにみることが出来ます。が、写真を撮りすぎ、ゲームをしすぎで電池がなくなってることが多々←個人的な経験談

そこで、私がおすすめしたいのはGショックです。

 

価格も安価ですし、防水・耐ショック・ワールドタイム付とアクティブ使いには高性能です。アナログの時計を使っていて、飛行機に乗る際にいちいち時間を変えていましたが、Gショックなら時間を変えることもなく国設定を変えるだけ!

これに気づいてからは私はGショックを愛用しています。

地味なのが多いイメージのGショックでしたが最近は様々な種類が出ているので、カジュアル使いからアクティブ使いまで幅広く対応できると思います。

またかわいらしい女性向けのGショックMiniなども販売されており、幅広い層にお使いいただけると思います。

 

4.目薬

言わずもがなですが、

機内は乾燥します。

女性の方は半透明なポーチに化粧品を入れて持ち込むと思いますので、そこに目薬を入れておくだけでもいいですし

ない方は、直に鞄に投げ込んでおけば大丈夫です。

小さいので持ち込みの審査対象じゃないのでご安心を!

長時間のフライトで映画を見続ける私のような猛者には必需品です。

席とモニターの距離がとても近いのと、機内の乾燥で目が確実にやられます。

また、海外で目薬を買うのが怖い方も多いかと思います。空港内にも売っているので、ひとつ買っておくと安心しますよ!

 

5.飲食物

あれ、機内に飲食物は持ち込めないんじゃ??って方多いと思います。

私もそう思っていました。

水などの液体物が持ち込みが禁止されており、ペットボトルなどの液体物はX線の持ち物検査で否応無しに捨てられます。

しかし、食べ物については様々な条件をクリアすれば問題なくX線をクリアできます。

もちろん、液体物と見なされれば没収されます。お弁当などはダメですw

お菓子やカップラーメン(機内で食べないですがw)でしたら、問題なく持ち込みすることが出来ます。私はいつも少量のお菓子を買って行ってます。

また、保安検査場以降のラウンジやレストラン・お土産コーナーで買ったものでしたらなんの問題もなく持ち込めるので、水を買って機内に持ち込んでます。

よく機内でサンドイッチを食べてる方をよく見かけます。

長時間のフライトで最初はいらないと思っても後々持ってきておけばよかった・買っておけばよかったと思うことが多々あります。

そんなときは一つ下さい・・・

というのを我慢しています。ので、これを読んでいる方はためらわずに持ち込んでください。

意外と小腹が空いた時に持って来てよかっ たと思うはずです。

私のおすすめはベビースターですw

あ、お菓子食べたら喉乾くので、搭乗前にお水の購入を忘れずに!!

 

服装

暖かい季節は

軽く羽織れるもの

寒い季節は

さらにコートを持っていくことをお勧めします。

機内の暖冷房は若干大げさに調節していることが、少なくないです。

寒ければ着れるし、暑ければ脱げるものを着ておくのがいいです。

また、コートですが、荷物が多くなって煩わしくなり預け荷物に入れがちですが、到着したときに思っていた以上に寒く後悔することが多いです。(私はw)

日本の寒さの感覚で大丈夫!!と思っていると後悔します・・・

意外と到着した空港内が暖房がついてなく寒いことがあるので、預け荷物を待ってる間に凍えたくなければ、煩わしくても手荷物でコートを持っていることをおススメします!

 

と、紹介させていただきましたが、皆さんのおすすめの快適グッズは何ですか?

もしおススメとかがありましたら教えていただけると嬉しいです!